芸能

諸星和己がイジくり回した大沢樹生「涙の親子DNA鑑定」騒動で小沢仁志が「バカ野郎!」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

「顔面凶器」こと小沢仁志のYouTubeチャンネルに、元「光GENJI」の大沢樹生が出演。11月某日のことである。小沢は2014年、大沢の初監督映画「鷲と鷹」で諸星和己とW主演したのだが、小沢いわく、

「お前と諸星が仲悪くて解散して…仲直り的な盛り上がりで映画やったっていうんだけど、諸星の芝居に対して樹生から『アイツに余計な芝居するなって言って下さいよ』って言われて。俺が諸星に伝えると『お前に言われたくないって言って下さいよ』って。なんで俺が間に入ってんねん! 全然、仲直りしてねえじゃねぇか」

 そう言って、当時の2人関係を暴露したのだった。2014年1月9日、大沢と諸星が同席して行われた完成披露記者会見の際には、

「(諸星が)『99.9%面白い映画です』って言ったのよ。俺、その時は気付かなかったんだけど、のちのち気付いて、バカ野郎って。ちょうどDNAの時の…」

 と2013年に勃発した大沢と喜多嶋舞の息子をめぐるDNA鑑定騒動を振り返り、笑いを誘った。

 確かにあの年末年始を跨いだ大騒動は、筆者の記憶にも鮮明に残っている。年の瀬に元夫妻の長男A君が大沢の実子ではなかった、と報じたのは「週刊女性」だった。

 記事は大沢が行ったDNA鑑定の結果、A君との父子確率が0%だったとして、大沢が「親子関係の不存在」の確認を求める調停を家裁に申し出て、双方が弁護士を立てて協議中という内容だった。

 だが、喜多嶋サイドも黙ってはいなかった。年を越した1月しょっぱな、今度は「女性自身」が〈DNA鑑定の〝本当の結果〟を僕は見た 99.9%僕はパパの子です〉と題する記事を掲載。そこには喜多嶋の父・修氏とともにA君が登場し、「週刊女性」の記事を真っ向から否定したのである。

 実は筆者は両誌で仕事をした経験があるのだが、昔から「週刊文春」には「週刊新潮」、「週刊現代」には「週刊ポスト」、そして「週刊女性」には「女性自身」等々、週刊誌にはライバル誌が存在し、しのぎを削ってきたという歴史がある。筆者も神田正輝と松田聖子の「離婚する?しない?騒動」で毎週、この代理戦争的バトルに参加していたものである。

 とはいえ、むろんこの騒動が勃発した2013年当時は、両誌で仕事をすることはなかったため、どのような取材ディティールがあったのかは知る由もない。が、久しぶりのバトルに部外者ながら、少しばかり胸が躍ったことを憶えている。

 ちなみに、小沢が振り返った「鷲と鷹」完成披露記者会見は、この騒動で大沢が涙ながらに心情を吐露した「涙の会見」から2日後という、絶妙なタイミングだったこともあり、「一連の騒動は映画の宣伝だったのでは」といった不謹慎な声も上がった。さすがにそれはないだろうが、実の父親ではないか、と名前を挙げられた複数の俳優はその後に全面否定するなど、久々にあとを引く大騒動になったのである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」