芸能

「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」大谷翔平のアテレコに「ウザい」不評連発の「長寿特番にドロ」

 スポーツバラエティー番組「中居正広のプロ野球珍プレー・好プレー大賞」(フジテレビ系)が12月7日に放送されたが、あるシーンが野球ファンの間で物議を醸している。

 同番組はプロ野球やメジャーリーグの試合の中からエラー等のハプニングや好プレーなどをピックアップし、1年間の「珍プレー・好プレー」を特集。今年は大谷翔平がフィーチャーされた。テレビ誌ライターが言う。

「番組では日本人初となるホームラン王を獲得した大谷の本塁打シーンが流れたのですが、大不評だったのはアテレコだったんです」

 大谷が豪快な1発を放ち、さっそうとダイヤモンドを回るシーンでは、タレントの村重杏奈が「ホームラン最高。髪さらさら~、何使ってるんだろう、シャンプー。普通に知りたい!」などと興奮気味にアテレコしていたのだが、視聴者からは「マジでウザい。副音声でやってくれ」「大谷をバカにしすぎ。映像だけ見たい」などと非難囂々だったのだ。

「アテレコではお笑いコンビ『ダイアン』の津田篤宏もチャレンジしましたが、こちらも大声で騒ぎ立てるだけで好プレーの魅了を完全に消していました。加えて主に扱われたのが大谷とヌートバー、優勝した阪神だったことは致し方ありませんが、最後に選ばれる『珍プレー・好プレー大賞』大賞がソフトバンク・嶺井博希の『スクイズで三塁到達』。これには野球ファンからは『は?』という声が続出しています」(前出・テレビ誌ライター)

 確かにスクイズで三塁到達はかなりレアなケースだが、相手チームだった日本ハムの守備の乱れも絡んでおり、大賞にしては中途ハンパ。

「番組最後にはゲスト出演した女優の今田美桜が締めのくす玉を割るパフォーマンスを披露したのですが、なんと中から出てきたのは後番組の今田が出演するドラマ『いちばんすきな花』の垂れ幕。オチに番宣を仕込んでくるとは、歴史ある『珍プレー・好プレー』も格が落ちたものです」

 最近の野球ファンは目が肥えているだけに、安っぽい番組作りをしているとソッポを向かれそうだ。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」