スポーツ

掛布雅之も「ビックリした」巨人がオイシイ阪神からの馬場皐輔「レア移籍」

 先ごろ行われたプロ野球現役ドラフトで、阪神はオリックスから漆原大晟投手を獲得。漆原は新潟医療福祉大から2018年育成ドラフト1位で入団し、今季がプロ5年目の右腕。最速152キロの直球と落差のあるフォークが武器で、通算72試合に登板し、今季は16試合で0勝0敗、防御率3.14をマークした。

 一方、阪神からは馬場皐輔投手が巨人に移籍。馬場は17年ドラフト1位で阪神に入団。プロ入り3年目の20年からリリーフとして頭角を表し、同年は32登板、防御率2.08。21年は自己最多44試合に登板した。今季は19登板で2勝1敗3ホールド、防御率2.45、22奪三振をマークしていた。

 この2人について12月9日放送の「グッジョブ!」(MBSテレビ)に出演した阪神OBの掛布雅之氏が印象を語っている。

 漆原についてはマスコミからの情報として、150キロのストレートと縦に落ちる結構落差のあるフォークを投げられると聞いていることら「これは十分中継ぎとして戦力になるとピッチャーだと思います」と太鼓判。

 さらに巨人入りした馬場についてはこう述べていた。

「びっくりしたのが馬場なんですよね。阪神の場合は層の厚さがありましたからね。どうしても登板回数が少なくなりました。特徴はスライダーなんですけど、切れさえ良ければ巨人というチームでは登板数が増えると思います。馬場にとっていい現役ドラフトにしてほしい」

 阪神から巨人への移籍と言えば、「空白の一日」で有名な江川卓氏が思い浮かぶが、なかなかのレアケース。馬場には爪痕を残して欲しいものだ。

(鈴木十朗)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】