スポーツ

サッカー元日本代表・駒野友一が振り返った南アW杯PK失敗の「地獄」と「救い」

 サッカー日本代表が目標として掲げる「ベスト8」。それに最も近づいたのは、22年のカタール大会と10年の南アフリカ大会だ。南アでは決勝トーナメント1回戦でパラグアイと対戦。スコアは0-0のままPK戦に突入。パラグアイは5人全員がゴールを決めたが、日本は3人目の駒野友一が失敗。ベスト8を逃した。

 駒野氏は前園真聖氏のYouTubeチャンネルに出演し、その時の心境を語った。13年経った今もあの時のことが忘れられないと駒野氏は言う。

「思い出しますよ。やっぱりワールドカップになれば思い出しますね。蹴るとき緊張は全くなかった。大会の大きさは違いますが、アジアカップでもオシムさんの時にPKを2回決めてますし、ワールドカップでも緊張はなかったです」

「PKは運」とよく言われるが、駒野氏は運だけとは考えていないそうで、

「技術も関係ありますが、キッカーとキーパーの駆け引きだと思うので、(外すのは)駆け引きで負けているということ」

 と話した。

 大会直後はメンタル的に沈んだというが、それを救ってくれたのが家族。

「周りの目が気になるから、その目を気にしない所に行こうと嫁さんが提案してくれた。そこで何日か過ごしているうちに子供の助けもあって笑えるようになった。やっぱりサッカーがしたいという気持ちが出て、またボールを蹴りたいと思えた。チームから1週間お休みをもらって、合流の日には気持ちを切り替えることができた」

 この時、仲が良かった松井大輔をはじめとしたチームメイトはそっとしておいてくれたという。そしてJリーグ再開後の試合…。

「静岡ダービーでエスパルスのホームで始まったんですけど、ダービーってすごいじゃないですか(駒野氏はジュビロ磐田に所属)。メンバー発表の時にスタジアムの中で名前を呼ばれるのを聞いていたら、エスパルスのサポーターが拍手してくれたんです。その拍手を聞いて本当に泣きそうになって…。見てくれている人は見てくれているので、プレイで返さないといけないなって気持ちになりました」

 家族の助けとサポーターの声援がなければ、南ア大会後の活躍はなかったかもしれない。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し