芸能

立川志らく M-1の審査基準は「最後は自分の好み」/テリー伊藤対談(4)

テリー 「M-1グランプリ」の審査員を長くやってらっしゃった。

志らく 私は漫才師ではないので、M―1の審査員にいるのは異様な光景かもしれませんけども。あれ、漫才チャンピオンを選んでるように見えて、実は次のテレビスターを選んでるじゃないですか。

テリー 次の人気者をね。

志らく となってくると、そこに落語家がいたり、山田邦子さんがいるのは別におかしくないのかなと、そういうふうに思ってます。

テリー 審査は何を基準にされてるんですか。

志らく 漫才のテクニック云々ではなく、スター性ですよね。で、最後は自分の好み。あんなもの、好み外してテクニックなんかで選べないんで、「こいつら、いちばん自分の感覚に合うな」と。決勝の時は、スター性とか、どれだけその場にいるお客を沸かせられるか、それでいちばんいいコンビを選ぶ。今まで5年間やって、決勝で選んだコンビは全部優勝してますね。

テリー テレビで落語のM-1みたいのってできないんですか。

志らく 落語はテレビには不向きな芸能ですよね。

テリー そうすると、やっぱり「笑点」みたいなものになっちゃう?

志らく テレビの場合は瞬発力がないと。でも「IPPONグランプリ」みたいなのが出てきちゃうと、「笑点」は太刀打ちできなくなってくる。

テリー なるほどなぁ。師匠はこれから、どんな落語家になってい‥‥。

志らく それこそ成り行きではないですけれども。(笑福亭)鶴瓶師匠と私が実験台というか、うまい具合にモデルケースだと思うんです。

テリー モデルケース?

志らく 鶴瓶師匠は若い頃、落語を何にもやらなくて、テレビで売れた。で、年取ってから落語を始めた。果たして鶴瓶師匠は名人になるのか、ならないのか。これから5年、10年で結果がたぶん出る。談志、志ん朝、円楽、小朝師匠もそうですけど、若い頃にテレビに出まくった。年取ったら、テレビと距離を置いて落語だけやって名人になっていった。逆に私の場合は若い頃はずっと基本落語をやってきて、50過ぎてからテレビに出始めた。

テリー ああ、そういうことか。

志らく だから今まで例がないんですよ。それが、あと10年ぐらいで結果が出た時に、「志らくもテレビなんか出ずに、ずっと落語だけやってたら名人になったのに」って言われるのか。「あそこでテレビの世界に飛び込んだから、こんな名人になったんだ」って言われるのか。他にいないんですね、50過ぎていきなりテレビの世界に入っていった落語家って。その実験台みたいな。それが自分でも楽しみですね。

テリー 志らく師匠は映画が大好きじゃないですか。「師匠」は映画にしないんですか。

志らく 私1人の力ではどうにもなりませんけども、私は映画にしたいですね。

テリー ねぇ。そうするとこれ、談志さんは誰がやるんですか。

志らく 私がやります。私が談志の真似して高座に上がってってしゃべると、あの高田(文夫)先生が「談志師匠がそこにいて‥‥」って驚くぐらいの憑依芸を持ってるので。

テリー 談春さんの「赤めだか」がドラマ化された時はたけしさんがやってましたよね。

志らく たけしさんはたけしさんの談志でいいんですよ。だけどやっぱり私の他にできる人はいないと思いますね。

◆テリーからひと言

 今時はNetflixなんかもあるし、ほんとに映像化できそうだよね。その時は談志さん役もいいけど、やっぱり監督をやってください。

ゲスト:立川志らく(たてかわ・しらく)1963年、東京都生まれ。大学4年時に立川談志に入門。二つ目時代から兄弟子の「談春」と「立川ボーイズ」として活動し、深夜番組に出演するなど注目を集める。1995年、真打昇進。映画と古典落語を合体させた「シネマ落語」の創作、映画・演劇の作・演出・監督を務めるなど多方面で活躍。2016年10月より「ひるおび」(TBS系)にコメンテーターとして出演し、2017年上半期のブレイクタレント部門1位に。最新著書「師匠」(集英社)発売中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】