スポーツ

【秘話発掘】「見ちゃいけないものを見てしまった」松井秀喜が入団を切望したヤンキースとの「衝撃的な縁」

 巨人時代の松井秀喜氏がFA権を取得したのは、3度目の本塁打王と打点王に輝いた2002年オフだった。巨人の4番がメジャー行きを表明し、ヤンキース入団の報を知って驚いたのは、なにも巨人党だけではなかった。

 野球解説者・掛布雅之氏のYouTubeチャンネル〈掛布雅之の憧球【公式】〉に出演した松井氏が、メジャー行きの思いを決定的にすることになった「事件」を激白した。

「1999年、巨人は優勝できなかったんですよね。当時はヤンキースが強い時期で、ニューヨークでプレーオフをやってるっていうので、シーズン終わって10日間くらい休みあって、ヤンキースの試合を見に行きたいと思って。しかもリーグチャンピオンシップで、相手がボストン・レッドソックスで、いちばんいいの見ちゃったんですよ。今まで自分がやってきた野球の空気感じゃない。ダメだ、これは見ちゃいけないものを見ちゃった、と思って…。帰国してからもずっと、心の中に残ってるんですよ。だからメジャーっていうよりも、私はヤンキースの、あのヤンキー・スタジアムなんですよ」

 松井氏の言う1999年の巨人は、先発三本柱として長らく投手陣を牽引してきた槙原寛己、斎藤雅樹、桑田真澄が揃って1ケタ勝利。ルーキーの上原浩治が20勝で、ひとり気を吐く快投を見せたものの、チームは2位に終わる。

「もっとも、巨人が優勝を逃したのは1997年から3年連続で、松井のメジャー志向を高めるのに十分な期間があったのでは」(球界関係者)

 2009年、松井氏は日本人唯一となるワールドシリーズMVPを獲得。胸のすく思いのプロ野球ファンは多かったはずだ。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬