社会

【宇宙人に消された記憶】逆光睡眠療法で出た驚愕証言「UFOの中で生体検査をされた」

 発生から36年の歳月が経過するも、現代の科学をもってして、いまだそれが真実なのかフェイクなのかさえ解き明かされていない、謎のUFO騒動がある。イギリスで起きた「イルクレーの宇宙人」事件だ。

 事件発生は1987年12月1日。イギリス・ヨークシャー州のイルクレー・ムーアという町に住む元警察官の男性が義父の家に向かうため、丘に続く道を進んでいた時のことだ。

 当時、この丘付近では光を放つ謎の物体の目撃談が続出していたことで、彼は高感度フィルムをセットしたカメラを首からブラ下げ、急な霧が出ても道に迷わぬよう、方位磁石も持参していた。

 ところが男性があと少しで丘の頂上に差し掛かろうとした瞬間、霧の中に奇妙な生き物がいることに気付く。とっさにシャッターを切ると、その生物を追いかけた。しかし、それは目の前に浮かんだ光を放つドーム型UFOにスーッと乗り込むと、UFOは地鳴りのような音を上げながら、空へと飛び去っていったという。

 興奮冷めやらぬ男性は写真を現像するため、最も近い村を目指して歩き出したが、方位磁石は北と南が真逆を指したまま。なんとか村に辿り着き時計を確認すると、今朝合わせた時刻が1時間遅れていた。UFO研究家が解説する。

「写真に写っていたのは、大きい目と耳を持ち、手が異様に長く、緑色の肌をした、見たこともない生物でした。男性は野生動物写真の専門家に見せた後、コダックの研究所に送り、それが加工されていない映像であるとのお墨付きを得て、アメリカの光学物理学者に画質向上と分析を依頼。しかし、トリックであるとの証明はできないが、宇宙人の写真とも証明できないという、曖昧な回答を得るにとどまったのです」

 ところが、事件はこれだけで終わらなかった。UFO研究家が続ける。

「その後、有名な心理学者が男性に逆光睡眠療法を行ったところ、その証言から、どうも男性がUFOの中で生体検査のようなことをされていた可能性が出てきた。その記憶は完全にかき消されていたようなんです。それが1時間遅れの時計の謎ではないかと…」

 事件から2週間後の夜、男性のもとにイギリス国防省を名乗る全身黒服の男2人がやって来たことも判明。写真について質問されて「友人の家に置いてある」と答えると、何も聞かずそのまま帰って行ったという。

 男性は「提示された身分証明書は本物だったように見えた」と語っている。UFO目撃に記憶消去、そして全身黒服男の訪問。謎に満ちた「イルクレーの宇宙人」事件は、謎のまま葬り去られてしまうのか。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」