スポーツ

新日本プロレスVS全日本プロレス<仁義なき50年闘争史>「標的は天龍!メガネスーパーが全日本にも触手」

 1990年4月16日、大阪府立体育会館。天龍同盟を解散して1人になった天龍源一郎は、個室の控室で週刊ゴングの全日本担当記者であり、天龍番でもあった筆者に「ジャンボに負けたら‥‥辞めるよ」と言った。

 果たして3日後の4月19日、横浜文化体育館における三冠ヘビー級戦で、天龍はジャンボ鶴田のバックドロップ・ホールドに敗れた。

 当時、天龍にメガネスーパーが接触していることを知らなかった筆者は、戸惑いながらもこの天龍発言を記事にした。本が発売されたのは4月25日。その翌日の26日夕方、編集部にジャイアント馬場から電話がかかってきた。

 クレームかと肝を冷やしたが「もう知っているだろうけれども、天龍がメガネスーパーに行くことになったから。天龍とは今日を含めて何回か話し合って、将来は天龍部屋と全日本プロレスとの間で対抗戦が行われることもあり得るだろうし、円満退社なんで、くれぐれも変なことは書かんでくれよ」というもので、馬場の口調は意外にも穏やかだった。結果的に私の記事は天龍の全日本退団のスクープになったのである。

 天龍は4月19日にシリーズが終わると、メガネスーパー側に「馬場さんから了解を得るまでは保留にしてください」と伝え、4月23日に京王プラザホテルで馬場に辞意を伝えた。

 馬場は返事を保留、2人は25日にも銀座の日航ホテルで会っている。

「馬場さんに〝意思は固いのか?〟って7割方OKしてくれて、その後に馬場さんの運転手として来ていた和田京平も含めて3人で『鮨處おざわ』で寿司食ったのが馬場さんとの最後の食事になった」(天龍)

 馬場が「これが最後の話し合いだから」と、天龍をキャピトル東急ホテル(現ザ・キャピトルホテル東急)に呼んだのは翌4月26日。馬場は「お前を全日本の社長にするから」と慰留したが、天龍は「それではジャンボの立場がなくなるじゃないですか」と固辞。

 最終的に馬場が「お前が行くと言うんだったら、その気持ちを無下にするわけにいかないから、了承して‥‥まあ、いずれ対抗戦でもやれればいいな」と、天龍の退団を了承。そして馬場はマスコミ各社に連絡したのである。

 メガネスーパーの新団体構想は、天龍などの主力選手が相撲部屋のように、それぞれが部屋を持ち、部屋別の対抗戦によって展開していくというもの。馬場と天龍は、将来的に全日本VS天龍部屋の対抗戦をやることで合意していた。

 5月1日、天龍は全日本の事務所を訪れて同社役員としての辞表を提出。

 これを受けて翌5月2日に馬場が記者会見を開いて「引き留めたけれども、俺の力が足りなくて、こうなりました。正直に気持ちを話してくれたし、今までの出て行った人たちの〝夢がない〟とか、そういう捨てゼリフもなかったし、契約等は弁護士同士でケリをつけるというから、俺もああだ、こうだとは言わん」と、円満退社を強調している。

 馬場の姿勢に一部の選手から「裏で馬場さんとメガネスーパーは話がついているんじゃないか」という疑惑の声も上がった。

 ゴールデンウイーク明けの5月7日には新日本プロレスから姿を消していたジョージ高野が帝国ホテルで記者会見。

「4月1日をもって新日本を退社してフリーになりました。3月23日に若松市政(将軍KYワカマツ)さんから電話があり、翌24日に佐野(直喜)選手と2人で(メガネスーパーの)田中社長宅にうかがい、今後のプロレス界に対する社長の考えを聞いた結果、自分自身の意思で〝新しいものに賭けてみよう〟と決意しました。近々、メガネスーパーと本契約を結び、高野ジム(部屋)を作り、自らファイトすると同時に選手を育成し、プロレス界に貢献する所存です」と、所信表明を行った。

 そして5月10日、ホテルオークラで天龍と田中八郎社長が同席して新団体SWS(正式名称・株式会社メガネスーパー・ワールド・スポーツ)の設立発表会が行われ、田中は「これは儲け主義ではなく、男のロマンです」と70億円の軍資金を投入することを宣言、SWS所属レスラー第1号になった天龍は「カラッと激しいプロレスを目指す」と決意表明した。

 4日後の5月14日、全日本は天龍退団後の初興行を東京体育館で開催。第4試合終了後に全選手がリングに上がり、鶴田が「これからのマット界は人間の信頼、信用でやっていくものだと思います。それはファンもレスラーも一緒です。全日本プロレスは信頼と信用を背負って一生懸命やっていきます」と挨拶。

 第7試合ではタイガーマスクが素顔の三沢光晴に戻るなど、新たな動きがあったものの、メインイベントの馬場&鶴田VSテリー・ゴディ&スティーブ・ウイリアムスでは、大黒柱の馬場がゴディのラリアットに轟沈させられるというバッドエンドに。誰もが前途に不安を禁じ得ない全日本の新たな船出となった。

小佐野景浩(おさの・かげひろ)元「週刊ゴング編集長」として数多くの団体・選手を取材・執筆。テレビなどコメンテーターとしても活躍。著書に「プロレス秘史」(徳間書店)がある。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】