芸能

松本人志を襲った性行為強要報道と活動休止は「最悪のタイミング」

 ダウンタウンの松本人志が複数の女性に性的行為を強要したとされる疑惑は、とうとう松本の活動休止、テレビ番組編成にまで波及した。松本が自身のX上で1月14日の出演を表明していた「ワイドナショー」についても、フジテレビ側が中止を発表するなど、混乱を極めている。

 松本側は疑惑を報じた「週刊文春」の記事を全面否定して、裁判に専念するため芸能活動を休止すると表明したが、テレビ局関係者によれば、

「それがスポンサー降板による方便であることは、松本が出演した年始特番でスポンサー名が表示されず、ACジャパンのCMが続いたことからも明らかです。ただ松本にとっては、番組スポンサー以上に身の潔白を証明しなければならない人物がいる。松本が溺愛する愛娘です」

 松本が一人娘を溺愛していることは業界内でも有名で、松本がMCの「人志松本のすべらない話」(フジテレビ系)では、3歳の頃に1時間以上も娘にキスをしたエピソードを明かしていた。いわく、

「娘は白雪姫が好きで、ウィッグをかぶって(白雪姫に扮し)キスせぇって言うんです。それでキスをしたら目が覚める、このくだりを1時間に7、8回繰り返し、飽きたら白雪姫役を交代させられる」

 松本の独白は、白雪姫役の松本がずっと目をつぶっていると娘が義父を連れてきて、義父とキスをさせられそうになっていたという「すべらないオチ」で締めくくられたが、松本が複数女性に性的行為を強要したとされる時期は、白雪姫ごっこから3年後のことだ。前出のテレビ局関係者が語る。

「娘さんはセレブ御用達の都内有名中学に通っているらしいのですが、中学2年生という多感な反抗期の年頃に、父親の『合コン』『性的行為を強要』などという衝撃的な週刊誌報道に接することになった。女性側が嫌がらせをしたのではないかと邪推したくなるほど、松本父娘にとっては最悪のタイミングです。松本は愛娘の性格について、バレエ発表会でも『自分が一番』と公言するような気の強さとプライドの高さがあると明かしたことがある。娘さんにとっても疑惑報道は屈辱的でしょう。愛娘の手前、松本が全面否定するのも当然で、法廷闘争は最高裁まで持ち込まれるのでは」

 王子様に扮して自分にキスをしてくれた父親が、外では複数の女性に…という愛娘の葛藤を想像すると「うわぁ!」と思わず声が出る。活動休止中で自宅にいる松本と反抗期の愛娘は、平穏な時間を取り戻すことができるか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
4
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題
5
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!