スポーツ

巨人・坂本勇人が「バケモン」と驚愕した速射砲ノックの鬼は「70歳の元女性指導者」だった

 巨人の坂本勇人が増田陸、湯浅大、オコエ瑠偉、大城元など若手選手を引き連れ、沖縄で自主トレ。この場に訪れた「速射砲ノック」の達人に、坂本が「これはアカン、無理」と根を上げた。

 巨人のYouTubeチャンネル〈読売ジャイアンツ〉で明らかになったその人物とは、女子ソフトボール元日本代表監督の宇津木妙子氏だ。宇津木氏は1997年に日本代表監督に就任。2000年のシドニー五輪で銀メダル、2004年のアテネ五輪で銅メダルと、2大会連続でメダルを獲得し、日本代表監督を勇退した。あれから20年が経つ。

「御年70となった宇津木氏は年齢など微塵も感じさせず、『行け~!』『頑張れ~!』と次々、速射砲のようにノックを炸裂させ、巨人の精鋭が『ヤバイ』と仰天しました。オコエはボールを追うも捕球できず『いや、無理や~!』と叫び、『無理じゃないよ!』と宇津木氏が叱咤激励。遊撃手としてベストナインに7回選出された坂本をもってして『バケモン、しんどすぎ』。ノックが終わると『マジで今日、いつもやっている練習ができない。もうバッティングして、終わり』と苦笑するしかない猛練習でした」(ネットライター)

 この獅子奮迅の活躍ぶりに、「宇津木さん、巨人の優勝のためにもに入閣してくれないかな」との声が出るのもムリはなかった。

 メジャーリーグでは2020年、初となる女性コーチ(アシスタントコーチ)にアリッサ・ナッケン氏が就任。昨季限りでゲーブ・キャプラー氏がジャイアンツの監督を解任されると、一時は新監督候補にその名前が浮上して、話題となった(その後、ボブ・メルビン監督が就任)。

 巨人党のためにも、プロ野球史上初の快挙を期待したくなるが…。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」