スポーツ

ソフトバンクは最新鋭練習マシンを揃えても「扱える人材がいない」千賀滉大が嘆いてた「宝の持ち腐れ」

 プロ野球・ソフトバンクが、打撃練習用の最新鋭マシン「トラジェクトアーク」の導入を本格検討していることを、一部スポーツ紙が報じている。

 同マシンは昨年、大谷翔平が所属していたエンゼルスが導入し、大谷のア・リーグ最多44本の本塁打王に一躍買ったことで注目を集めている。回転数や変化量に加え、軌道にジャイロ成分を反映させ、投手が投げる球の完全コピーを実現するという。ソフトバンクは昨年、あらゆる投手とのシミュレーションを可能にした投球マシン「iPitch(アイピッチ)」も2台購入。今季はハイテクマシンを活用し、覇権奪還を達成したいところだ。

 もっとも、選手の誰もが大谷のようにマシンを活用できるかは未知数。価格は非公表だが、データ更新などの維持にかかる月々の費用は約150万円もかかるといい、費用対効果をどれだけ上げられるか、他球団も注目していることだろう。

 ただ、元ソフトバンクで現在は大リーグ・メッツに所属する千賀滉大投手は古田敦也氏のYouTubeチャンネルに出演し、最新の動作解析機器について言及した際、「ソフトバンクは撮影したりする機械は揃っているんですけど、それを選手に落とし込める人がいない」とキッパリ。さらに「どの球団もそういう人材がいないのは事実」としていた。

「結局のところ、どんなに最新の機材を導入しても、それをきちんと扱える人材がいなければ宝の持ち腐れということ。日本はデータ分析においてはメジャーからかなり遅れをとっており、今後は専門家の育成に力を入れていくべきでしょうね。大谷は日本ハム1年目のオフ、フォーム動作解析のため筑波大学に足を運んでいます。当時まだ18歳の大谷のおそるべき研究心と意識の高さ。球団側だけではなく、選手も見習ってほしいですね」(スポーツライター)

 ソフトバンクは最新鋭マシンの購入に満足しただけで終わらなければいいが…。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
美女雀士・岡田紗佳の「激震しすぎる放送事故」で画面が緊急チェンジ!【2024年6月BEST】