スポーツ

サッカー議論はジュリアナのVIPルームで…ヴェルディ黄金期「強さの源泉」

 三浦知良やラモス瑠偉、柱谷哲二ら日本代表選手を擁し、Jリーグのトップを走っていたヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)が、今シーズン16年ぶりにJ1リーグに復帰した。

 それを記念して前園真聖氏のYouTubeチャンネルに元監督の松木安太郎氏とOBの都並敏史氏、柱谷氏、北澤豪氏が出演。当時の思い出を振り返った。

 話は昨年12月に行われたJ1昇格プレーオフの決勝に及び、4人は今のヴェルディがいいチームになったと感じているという。

 都並氏はヴェルディのユースチームの監督やトップチームのコーチを務めたとあって、今の選手たちをよく知っていると話し、昔をこう振り返った。

「俺がヴェルディにいた時に小学校4年とか5年だった子たちが大きくなっていて、森田晃樹(MF・キャプテン)とか鼻血出しながら向かってきた少年だったからすごく思い入れがある。谷口栄斗(DF)なんて子供の頃、ピンポンダッシュしたので育成アドバイザーだった俺が謝りに行った」

 その後、話はラモス瑠偉氏が監督を務めていた時に及び、さらにアジアカップの日本代表に移るとトークは激しくなっていった。それもサッカー愛ゆえのことで、当時のヴェルディの選手はどこでもすぐにサッカーの話になったという。北澤氏は、

「カフェ・ド・ロペ(表参道のカフェ)でサッカー談義していた。もっとおしゃれな話しろよ、と思った。チョリソのお店、タコス・デル・アミーゴ(原宿のメキシコ料理点)とか。ここのミーティングは何だよって思うよね。ジュリアナでさえサッカーの話してたからね。VIPルームで」

 今の選手たちにこれほどの熱意があれば、ヴェルディはJ1でもいい戦いができそう。J1は2月23日に開幕し、ヴェルディは2月25日に横浜F・マリノスとの試合を迎える。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった