社会

【恐怖スポット】夜の観光地になった公園「死んだ子供の遊び場」に隠された「未解決誘拐殺人事件」

 米アラバマ州にあるハンツビルという街に「デッド・チルドレンズ・プレイグラウンド」、つまり「死んだ子供の遊び場」と呼ばれる小さな公園がある。

 この公園はアラバマで最も古くて最大とされるメープルヒル墓地の端に位置し、ブランコやジャングルジムなどシンプルな遊具のみが置かれている。まるで古いブナの木の中に隠されるように存在する、静かな場所だ。

 公園の正式名称は「ドロストパーク」。いつの頃からか、地元では「デッド・チルドレンズ・プレイグラウンド」と呼ばれるようになったが、墓地の端という立地条件もあってか、その名の通り、夜な夜なブランコが揺れ、きしむ音が響いたり、誰もいない暗闇の中で、幼い子供たちの笑い声が聞こえたり、という逸話が後を絶たない。中には墓地に埋葬された子供が墓から出てきて遊んでいる姿を見た、との証言もあるという。

 メープルヒル墓地は1822年頃、この地に2エーカー(8000平方メートル)ほどで造られた。その後、徐々に面積が拡大していき、現在では100エーカー(40万平方メートル)の敷地に、8万人を超える死者が埋葬されているという。心霊研究家が言う。

「敷地が拡大したのは南北戦争勃発後のことです。この墓地が南軍の埋葬地になったといわれていますが、混乱の最中とあって、埋葬された兵士や連合兵士の数は定かではありません。ですから当然、名前すらわからない人もいて、誰がどの墓に入っているのかも不明なのだと。そういう意味では、自分の居場所を求めて彷徨う霊がウヨウヨしているとしても、なんら不思議ではないのです」

 そんないわくつきの墓地の端に、なぜ子供が遊ぶ公園を建設したのかはわからないが、案の定、この公園にも恐ろしい伝説があった。

 実は1960年代にこの地域で子供の誘拐殺人事件が多発し、殺害された子供の遺体の多くが、この公園の周辺から見つかったとされるのだ。いずれも残忍な手口で殺害されおり、容疑者はこの丘陵地帯にある廃坑に住んでいた人物とされた。

 ところが決定的証拠に結びつく手がかりを得られず、事件は未解決のままだという。

「地元の人々は、おそらくは殺された子供たちが夜になって現れ、仲良く遊んでいるのではないか、と噂しています。全米で最も幽霊が出る公園として有名になったことで、肝試しに訪れる観光客があとを絶たないようです」(前出・心霊研究家)

 子供たちの幽霊目撃談が多い時間帯は、夜10時から深夜3時頃までだというが…。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」