スポーツ

メジャー挑戦「7人のサムライ」を実力査定(1)「まったく必要ない」と酷評

 今オフはまさに流出ラッシュ! セ・パ主力選手がFA、ポスティングで次々とメジャー挑戦を表明し、プロ野球マスコミを騒がせている。だが、その意気込みに反して冷ややかな反応だったり、いらないチームに勝手に売り込んで物議を醸したりと、日米の査定にはかなりの温度差があるようで‥‥。
 巨人のお家騒動が一段落し、野球マスコミの注目は例年にない数のメジャー挑戦者に集まっている。ヤクルト・青木宣親(29)、ソフトバンクからは、川﨑宗則(30)と和田毅(30)、楽天・岩隈久志(30)、西武・中島裕之(29)、横浜・真田裕貴(27)、そしてついに動いた大物、日本ハムのダルビッシュ有(25)。日本では屈指の実力を誇る7人のサムライだが、アメリカでの評価は意外なものだった。
 その典型が、FAの川﨑である。何しろ「イチロー選手と同じチームだけを希望します」と宣言したのだ。他球団から好条件のオファーがあっても、「行きますと言うわけがない」と断言し、マイナー契約も受け入れるというのだから。
 マリナーズを「逆指名」するという前代未聞の行動に出た川﨑は、代理人もマネジメント会社もイチローと同じものを選ぶほど、イチローに心酔。だが、名指しされたマリナーズのズレンシックGMは「入団を希望してくれるのはうれしいし、誇らしく思う」と獲得に前向きなコメントを発表したものの、実は大困惑なのだ。大リーグ研究家の友成那智氏が憤慨する。
「困りますね、これは。アメリカのメディアではバカにされていますよ。『何で来るんだ? まったく必要ないのに、なぜ獲る?』と。遊撃手ではゴールドグラブ賞候補になったライアンという、抜群に守備範囲の広い選手がいる。川﨑は二塁、三塁も守れるというが、二塁にはアクリーという3番打者がいるし、三塁は強打者のポジションなので、非力な川﨑にはやらせません」
 マリナーズはメジャー30球団中、得点力が最下位という超貧打線。
「だからイチローと同タイプの非力な選手はまったく必要ないんです。入団したとしても完全に控え要員。一説には、イチローが任天堂元社長の山内溥オーナーに、獲得を進言したとも・・・・。球団も(獲得する際の)言い訳に苦労している」(友成氏)
 欲しいわけがない選手をしぶしぶ獲るハメに。その実力もまるで評価されていないのに、だ。
「川﨑のプレーを見たスカウトは『3人の中でいちばんヘタ。あのショートはダメだ』と失格の烙印を押している。3人というのは川﨑、中島、ツインズの西岡剛(27)。確かに打撃も守備も、あの力量ではメジャーでレギュラーを張るなんて無理ですよ」(スポーツ紙デスク)
 さらにマリナーズ関係者は、こんな「エラー」も指摘するのだ。
「マイナー契約も受け入れるというが、メジャーとマイナーはキャンプが別々。シーズン中もシアトルから車で1時間半のタコマが本拠地で、イチローとはプレーできません。『それがわかってて来るのか?』と球団スタッフは失笑している。そもそも何をアピールするのか。走力、守備力? やっぱり打撃力なしにメジャーに上がるのはかなり苦しい」
 みずからまいた種とはいえ、前途は超多難で、
「思い出作りの1年になるでしょう。ダメだったらソフトバンクに戻ることになっている。だから球団も『行ってこい』と余裕なんです」(前出・デスク)

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス