芸能

「テレビ出演8割なくなりました」松本人志のトバッチリを受けた芸人の「ビミョーすぎる新展開」

 松本人志の性加害騒動は「週刊文春」による最初の報道以降、コンスタントにメディアで取り上げられて続けている。

 2月25日に放送された「アッコにおまかせ!」(TBS系)でも番組冒頭でこの問題に言及し、松本の訴状の中身などが取り上げられた。

「最新の『週刊文春』の記事にありましたが、訴えの中で松本は同誌の記事を『極めて杜撰な取材活動』と表現している一方で、文春側は3年以上前から取材していることを明かしている。その綿密さに大きな自信を持っているようです。3月に始まる裁判の行方に注目ですね」(週刊誌記者)

 番組ではさらに、2月に入っても松本出演回を放送していた「クレイジージャーニー」(TBS系)が、2月19日の放送回でとうとう「最後の松本」となったことにも触れている。

「これで松本がレギュラー出演していた地上波の番組全7本で、松本不在という事態になりました。裁判の動向によっては、松本をテレビで見ることはもうできなくなる可能性もありますね」(テレビ誌記者)

 そんな中、一連の騒動で多大な「被害」を受けた芸人がいた。松本のモノマネでブレイクしたJPは同番組にVTR出演すると、

「キー局とか準キーの出演本数でいうと、8割ぐらいはなくなりました」

「新規の営業が決まらなくなったり、3月4月5月の営業がスカスカな状態、キャンセルもあります」

 松本騒動の影響の大きさを明かしたのだった。ではどう切り抜けようとしているのかといえば、

「神頼みだったり厄払いだったり、お墓参りとか」

 そして新しいモノマネも検討しているのだという。

「所ジョージや声優・木村昴にチャレンジしているということで、木村のモノマネを披露してくれましたが、クオリティーは正直言ってビミョーでした。他のモノマネを考えた方がいいのでは…」(前出・テレビ誌記者)

 もしやるなら、次はスキャンダルを起こしそうにない人物にしないと…。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」