芸能

ニッポンドラマ主演女優30人「適正ギャラ」下剋上ランキング(3)次なる下剋上女優は小松菜奈

 同世代の広瀬すず(11位)や橋本環奈(19位)らスター女優を押さえて、トップ10に食い込んだのが、Z世代コンビの小芝風花今田美桜。まさに下剋上ランキングの象徴と言える。木村氏も2人を絶賛する。

「老若男女の全方位に好感度が高い小芝さんは、演技の振り幅も広くなりました。王道のラブストーリーから、昨年の『波よ聞いてくれ』(テレ朝系)のような破天荒な役柄もこなせる。来年の大河ドラマで遊女役も決まりました。今田さんはインフルエンサーとしての能力も高く、CM出演も一気に増え、昨年は3クールで連ドラ出演(うち1本は主演)と出ずっぱり。4月からも杏さん(37)のヒットドラマ『花咲舞が黙ってない』(日テレ系)の同名新シリーズ主演が決定しています。2人とも今現在、各局のドラマスタッフがまずスケジュールを押さえたい若手女優でしょう」

 ここまで、実際のギャラ以上の結果を残す若手の台頭が目立ったが、一方で大幅ダウンを余儀なくされた女優も。

「20年に事務所から独立した米倉涼子(19位)は、地上派の連ドラから『新聞記者』(ネットフリックス)などネット配信ドラマに軸足を移していますが、持病のおかげで長期の撮影は難しい。克服できればまたトップ10常連になるでしょう。深田恭子(28位)は奔放な私生活のせいで、恋愛ドラマのヒロインを演じるのも限界が‥‥」(平田氏)

 では、この先同ランキングに名を連ねるであろう、「次なる下剋上女優」は誰なのか。平田氏はこう語る。

「小松菜奈(28)ですね。菅田将暉(31)との結婚後も人気はまったく衰えていません。主戦場は映画ですが、ドラマ女優戦線に殴り込めば、すぐにでもランクインするでしょう」

 また木村氏は、「不適切にもほどがある」でツッパリ少女を好演する河合優実(23)を指名する。

「今一番、急上昇中の女優だと思います。すでに映画では主演を何本も張っているし、往年のドラマ『毎度お騒がせします』(TBS系)をオマージュした『不適切─』でのセクシー演出も、体当たりでこなす脱ぎっぷりのよさが素晴らしい。今後間違いなく、引っ張りだこになると思います」

 尾谷氏は今期の話題をかっさらった不倫ドラマ「離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―」(テレ朝系)での、篠田麻里子(37)をチョイスした。

「TVerの再生回数もめちゃくちゃ回っているし、彼女の人生をバックボーンにしたハマり役ですね。演技がうまいわけではないけど、この路線をひたすら突き進んでほしいです(笑)。テレ東深夜で、団鬼六の『花と蛇』なんてやった日には、伝説になりますよ」

 昨今は制作費の減少も嘆かれるが、ドラマの華にはどうか適正なギャラを支払っていただきたい。

ドラマ女優「適正価格」TOP10

※価格は連続ドラマ1話分(1時間)のギャラ。視聴率などから算出

1位:綾瀬はるか(38)350万円/2位:吉高由里子(35)300万円/3位:長澤まさみ(36)280万円/4位:趣里(33)250万円/5位:芦田愛菜(19)220万円/6位:仲里依紗(34)200万円/6位:天海祐希(56)200万円/8位:新垣結衣(35)190万円/8位:小芝風花(26)190万円/10位:今田美桜(26)180万円/11位:永野芽郁(24)170万円/11位:広瀬すず(25)170万円/11位:川口春奈(29)170万円/11位:有村架純(31)170万円/11位:戸田恵梨香(35)170万円/16位:広瀬アリス(29)160万円/16位:二階堂ふみ(29)160万円/16位:石原さとみ(37)160万円/19位:橋本環奈(25)150万円/19位:米倉涼子(48)160万円/21位:高畑充希(32)140万円/21位:篠原涼子(50)140万円/23位:上白石萌音(26)130万円/24位:浜辺美波(23)120万円/24位:伊藤沙莉(29)120万円/26位:北川景子(37)100万円/26位:小池栄子(43)100万円/28位:吉岡里帆(31)90万円/28位:深田恭子(41)90万円/28位:広末涼子(43)90万円

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること