スポーツ

宇野昌磨「引退カウントダウン」で浮上する「本田真凛とアイスショー主催」チケット争奪戦

 フィギュアスケート男子の宇野昌磨は、現役続行か引退か。

 モントリオールでの世界選手権ではジャンプミスがあってフリー6位。ショートと合わせて計280.85点で4位に終わった。大会後には、

「もう最善を尽くしました。みんなが切磋琢磨しながら頑張ってほしい。コーチとも、自分たちの方針を話したい」

 と引退をほのめかすような発言で思い詰める心境を明かし、ファンを驚かせていた。

 イリア・マリニンやアダム・シャオ・イム・ファ、鍵山優真の台頭に押され、今年は出場したNHK杯、中国杯、グランプリファイナルの全てで2位。フィギュア界では「高齢」の26歳というのもネックになり、ここ2年はモチベーション維持に苦しんでいた。スポーツ紙デスクが解説する。

「交際を公言している本田真凜と順調に時を過ごしているようで、高級タワーマンションで半同棲生活を送り、結婚秒読みとなっています。本業での闘争心は、確実に失われているでしょうね。これからはゆっくりとした2人の時間が増えるでしょう。スポンサーへの挨拶や報告を済ませてから、正式にメディアに引退発表するのではないかと言われています」

 人気者だったネーサン・チェンは休養。羽生結弦はプロへと移ったが、結婚と離婚問題でガクリと名声をなくし、男子フィギュア競技の人気と注目度は急速に低下している。

「宇野の実力と表現力は折り紙つきです。ショービジネスに宇野も参入するとなれば、競技よりもそちらの方がより人気が出るでしょう。ターゲット層の裕福な中高年女性の間で、チケット争奪戦になりますよ。羽生のようにショーを主催して、ガッポリ稼ぐ手もあります。本田と2人で主催すれば、大きな話題にもなりますし」(フィギュアスケート関係者)

 アイスショーばかりが関心度を高め、競技が地盤沈下しなければいいのだが。

(佐藤恵)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し