芸能

錦鯉・令和ロマン「M-1王者」に「元フジっ子」の知られざる苦難プロフィール

 昨年のM-1王者である令和ロマンは漫才日本一になったことで、ツッコミの松井ケムリの実父が大和証券グループ本社副社長兼最高執行責任者の松井敏浩氏であることが話題になった。

 ケムリは慶應義塾大学卒のインテリ。在学時、一家は都内でも超高級住宅街で知られる東京・松濤に住んでいたほど、超がつく富裕層だ。

 一方、相方の髙比良くるまも慶應大学に進学したが、中退。学生時代、すでに食うに困らない月収があったと、お笑いライターは言う。

「複数のアルバイトを掛け持ちして、月収が20万円から30万円あったのです。そのひとつがフジテレビ、スポーツ班でした。『みんなのKEIBA』では、府中競馬場や中山競馬場に出向いていました。『プロ野球ニュース』ではフリップを用意したり、乾きものをセットしたりしていたそうです」

 2021年に最年長コンビで涙のM-1初優勝を果たした錦鯉の渡辺隆も、フジテレビに「勤務」していた。

 大学を中退後、4年ほどは関東の吉本興業所属芸人だった。その後、フェードアウト。当時交際していた女性の家に転がり込んで、1日500円をもらうワンコインのヒモだったのだ。のちに弁当屋でアルバイト。仕出し弁当の配達先が、お台場にあるフジテレビだった。

 何百個の弁当を運んでいる隣のスタジオでは「はねるのトびら」の収録中だった。中心メンバーだったキングコングの西野亮廣と梶原雄太は、吉本時代の同期。渡辺が「自分はこんなふうにはならないんだろうな」と諦めの境地に至った瞬間だった。

 M-1、さらに「キングオブコント」でもファイナリストになったニューヨークの屋敷裕政も、元フジっ子だ。芸人になる前、テレビ制作会社のアシスタントディレクターとして、フジテレビにも出入りしていた。

「フジテレビでは『ネプリーグ』、日本テレビでは『ザ!鉄腕!DASH!!』などを担当。『ネプリーグ』はゲストの紹介VTRを作成するために他番組から映像を拝借しますが、その認定のための押印が7個も必要だった。それを揃える地味な作業に、心が折れたといいます。ほかにもプロデューサーにブチ切れられたり、謝罪に行ったり。ブラックな職場だった時代の話です」(エンタメ誌ライター)

 現在はフジテレビの出役となった元苦労人たち。局のビルにある球体には、並々ならぬ思いがあるか。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題