スポーツ

【サッカー】パリ五輪アジア最終予選「かなり厳しい」という日本代表に出現した「4人の逸材」

 簡単ではないが、負けるわけにはいかない。

 パリ五輪アジア最終予選を兼ねたU-23アジアカップ(4月15日~5月3日、カタール)に挑む、U-23日本代表メンバーが発表された。

 日本はこれまでアトランタ大会(1996年)から7大会連続で出場しており、世論は五輪に出て当たり前という風潮もある。だが今回は、かなり厳しいと言える。

 ワールドカップのアジア枠が2026年北中米大会から8.5に増えたのに対し、五輪のアジア枠はわずか3.5。予選を勝ち上がった16カ国が4チームずつ4グループに分かれてリーグ戦を争い、各グループの上位2カ国が決勝トーナメントに進出する。決勝まで勝ち進んだ2カ国と、3位決定戦に勝った国を入れた3カ国が本大会出場となる。さらに4位の国が、アフリカ4位のギニアとプレーオフを戦う。

 昨年11月の組み合わせ抽選で、日本は韓国、UAE(アラブ首長国連邦)、中国と同グループに入った。海外メディアの中には、日韓が同グループに入ったことで「死のグループ」と呼ぶところもある。普通なら1カ国ぐらいは確実に格下の国が入り、主力選手を休ませることができたが、今回の組み合わせでは手を抜ける相手はいないかもしれない。

 日本の試合日程は中国、UAE、韓国の順。中2日での3連戦というハードスケジュールだけに、2連勝して決勝トーナメント進出を決め、3戦目の韓国戦では主力選手を休ませるのがベストだろう。決勝トーナメントに進出すれば、準々決勝の相手はAグループの1位か2位。開催国のカタールか、安定感のあるオーストラリアになるはずだ。

 だが、ここからは我慢比べ。どの国にもチャンスがあると思った方がいい。そのくらい、レベルの差はない。

 今回のU-23アジアカップは、協会が選手を招集できる国際Aマッチデーではないため、欧州でプレーしている選手は各クラブと個別に交渉し、なんとか5人の海外組を招集できた。それでも前回の東京五輪メンバーに比べると、小粒感は否めない。

 だが、期待できる選手はいる。DFなら西尾隆矢(セレッソ大阪)だ。各年代の代表にも選ばれており、C大阪ではポジションを奪って3シーズン目。経験が少ない選手が多い、最終ラインの中心になれる選手だろう。

 中盤では藤田譲瑠チマ(シントトロイデン)と松木玖生(FC東京)だ。藤田はこのチームが立ち上がった当初から、キャプテンマークを巻いて出場してきた。パスセンスがあり、ゲームメーカーとして期待したい。20歳の松木は、将来の日本代表を背負う逸材。藤田とともに、攻守の要になれる選手である。

 もうひとり、FWの細谷真大(柏レイソル)を挙げる。一瞬のスピード、体の強さ、決定力を兼ね備え、A代表でもゴールを決めている。心配なのは今季、Jリーグでまだ点を取っていないこと。それでも、どんな形でもいいから点を取れれば、波に乗っていけるはずだ。

 今回の予選は、かなり厳しい戦いになる。それでも連続出場をここで止めるわけにはいかない。

(渡辺達也)

1957年生まれ。カテゴリーを問わず幅広く取材を行い、過去6回のワールドカップを取材。そのほか、ワールドカップアジア予選、アジアカップなど数多くの大会を取材してきた。

カテゴリー: スポーツ, 未分類   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人