スポーツ

「実は62億円以上も賭けで負けた」水原一平と大谷翔平を常に監視していた「Team Ippei」恐怖の隠密行動

 ネットで見かける「意味が分かると怖い話」をご存じか。これは一見、何でもないような話が、実はその裏に隠された本当の意味を知るとゾッとする、というショートストーリーだ。そんな話が、実はドジャースの大谷翔平の周辺で、リアルに展開されていた。

 米連邦検察は4月11日午前(日本時間午前2時半頃)、米ロサンゼルスで記者会見を開き、大谷の預金口座からなんと1600万ドル(約24億5000万円)以上を不正送金したとして、元通訳の水原一平氏を銀行詐欺容疑で訴追したと発表した。有罪になれば最高で100万ドル(約1億5300万円)の罰金と、禁錮30年が科せられる可能性があるという。

 当初の報道では、不正送金の額は6億8000万円とされていたが、実際にはその3倍以上だったことになる。

 訴状によれば、水原氏は2021年12月から2024年1月の間に1万9000回もの賭けをしており、買った金額が1億4200万ドルで、負けた金額は1億8300万ドル。これを差し引きすると、驚くべきことに62億円以上も負けたことになる。まさにギャンブル依存症の実態そのものだ。

 水原氏はその優しそうな雰囲気や、なにより大谷に全幅の信頼を寄せられていたことから、好感度は抜群だった。ドジャースのキャンプ施設では、水原氏の顔写真と「Team Ippei」のロゴ入りTシャツを着た複数のファンが目撃されており、日本でも「一平Tシャツ欲しい」という声が上がっていた。実はここに「意味が分かると怖い話」が隠されていたのだ。

 スポーツライターが語る。

「米連邦検察局が裁判所に提出した宣誓供述書には『違法ブックメーカーのひとりが、水原氏に脅迫めいたメッセージを送った』という記述がありました。それは『俺は今、ニューポート・ビーチにいて、(大谷が)犬を散歩させているのがここから見える。君とどうやって連絡を取ればいいのか大谷に聞いてみようと思っていたんだが、今すぐ連絡をくれ』というもの。実はこの文章を送っていたのが『Team Ippei』の一員だったというのです。確かに言われてみれば、Tシャツを着ているのは、ヒゲ面にタトゥーが入ったイカつい男たちばかり。一見、水原氏のファンのようですが、実は水原氏を監視していたというわけです」

 そもそも大谷はプライベートを一切明かさず、私生活は完全にベールに包まれていた。その大谷の犬の散歩を把握し、目視できる状況下にあるとは、もはやプロの仕業以外のなにものでもない。一時は行方不明とされていた水原氏だが、彼らは完全にその動向を把握していたことになる。

 今や「Team Ippei」Tシャツを欲しがるファンは、すっかりいなくなってしまったことだろう。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し