スポーツ

藤浪晋太郎と井川慶「メジャーリーグで大失敗」がもたらす「阪神出身投手はダメ」の烙印

 ふがいない大荒れ投球が続くメッツ・藤浪晋太郎のマイナー生活で、阪神タイガースがトバッチリを食っている。

 メッツ傘下の3Aシラキーズに所属する藤浪は現地時間4月28日のガーディアンズ傘下3Aコロンバス・クリッパーズとのダブルヘッダー第2試合で、4点リードの6回から3番手で登板した。ところが一死しか奪えず、大量6失点で降板を余儀なくされた。これで3Aでも防御率15.88、与四球率20.65に。メジャーリーグを取材するスポーツライターも、天を仰ぐ。

「ここまでひどいとメジャー昇格どころか、3Aでも登板のチャンスはそう多くはないかもしれない」

 この惨状に、全米一厳しいといわれるニューヨークの野球ファンの矛先は、意外なところに向けられた。前出のスポーツライターが語る。

「それは阪神です。昔の話になりますが、阪神からポスティングでヤンキースに入団した井川慶の存在があるからです。5年間、ヤンキースとその傘下の3A、2Aでプレーしたケイ・イガワの名前は、今でも完全な失敗作として語り草です。その阪神から来た藤浪がこの有様ですからね。ヤンキースファンとメッツファンは違いますが、阪神出身の投手はニューヨークにはフィットしない、と思っている人が多いですね」

 井川はメジャー5年で2勝4敗、防御率6.66ながら、3Aでは2008年に14勝6敗、2009年に10勝8敗。ヤンキース3Aスクラントンの球団史上、最多勝記録保持者となった。5年間のマイナーでの通算成績は、先発83試合を含む107試合に登板して36勝25敗1セーブ、防御率3.83と、現在の藤浪の成績とは雲泥の差だ。それでもアメリカ3年目以降はチーム事情もあり、メジャー昇格のチャンスさえ与えられなかった。

「メジャーで活躍した投手で、阪神出身者は皆無ですからね。日本人投手を欲しがる球団は多いですが、井川に続いて藤浪もこの状態では、阪神出身のメジャーリーガー投手誕生に二の足を踏む球団が出てきても不思議ではないですね」(前出・スポーツライター)

 藤浪の不振が、後輩たちの希望の芽を摘むかもしれない。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」