芸能

新番組に起用できない!バラエティー女王・指原莉乃のテレビ生き残りを阻む「3連発キス」の罪

 ふと気づくと、売れっ子タレント・指原莉乃の露出があきらかに減少気味なのだ。

 一時はテレビで見ない日はなかった指原だが「今は、新番組の企画が指原さんでは通らない」と現場のテレビマンがこぼしていると、写真週刊誌「FLASH」で暴露されている。

 現在レギュラーで出演しているバラエティー番組は3本。MCとして場を切り盛りする能力が高く、自虐や毒を含んだトーク力にも定評のある指原だが、なぜ企画が通らなくなってしまったのか。テレビ関係者が声を潜める。

「第一にキャラ的に視聴者に飽きられてきた部分は否めません。人気商売ですからこれが一番大きいかもしれませんが、実は露出減少のキッカケとなった問題は『サシハラスメント』とも言われています。昨年末、松本人志の過去の性加害問題が騒動になった際に、指原はかなり批判的なコメントをしました。ところがその2カ月後、指原自身にセクハラ疑惑が勃発してしまいましたからね」

 それは、松本批判を展開した指原へのあてつけ気味に、約10年前に放送されていた番組のシーンがSNS上にアップされたことで起こった。

「かつてMCを務めていた『地元ファン獲得バラエティ HKT48のおでかけ!』(TBS系)の番組内で、指原がHKT48の当時まだ13歳だった未成年メンバーの胸を触ったり、メンバーを3人並べて唇にキスをした行為が掘り返されて問題視されました。中には、あきらかに嫌がっていたメンバーもいましたからね。こうしたやり放題の過去が松本人志同様、許されるべきではないというわけです。番組内ではジョーク交じりで『サシハラスメント』と呼ばれていましたが、今は『女性なら大丈夫』とはなりません。その影響か、2月のインスタライブの延期にはじまり、徐々にテレビにも出しづらい存在になってきていると考えていいでしょう」(前出・テレビ関係者)

 ジャニー喜多川氏の性加害問題は海外を巻き込み、日本の芸能界の根底を揺るがす大問題へと発展した。過去のハラスメント相手が未成年ということからも、指原を新番組に起用するのはリスクがあると、テレビ局やスポンサーが躊躇するのは当然かもしれない。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」