スポーツ

ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」

 往年のサッカーファンであれば、ラモス瑠偉(当時はヴェルディ川崎所属)の、あの物議を醸した問題発言を覚えている人は多いことだろう。

 1998年6月26日、サッカーW杯の日本×ジャマイカ戦。試合は日本が1-2で敗れ、グループリーグで3戦全敗。初戦のアルゼンチンに次いで、第2戦のクロアチア戦にも敗れ、決勝トーナメント進出の望みは絶たれたものの、最終戦は有終の美で…と祈るファンにとって、その落胆はあまりにも大きいものとなった。

 そんな中、NHKの中継に解説者として出演していたラモスが中継終了後、言い放ったのがこのコメントだった。

「ま、こんなもんですよ。あんまり言いたくないけどね。何人かの人は、こういう結果になるのは予想していたんじゃないか。戦争に行っているのに、Jリーグと同じ気持ちでやっている。こういう気持ちのないプレーヤーばかりだったら、負けるんじゃないかと思っていましたね」

 さらに、名指しこそしなかったものの、代表最終選考で、同僚である三浦知良を代表から外した岡田武史監督に対し、

「Jリーグを引っ張ったベテランが、いきなり無視されたというのが悔しい。誰が責任を取るのか、見てみたい。日本のサッカーを良くするために、誰かがここで責任をとらなくちゃ」

 そう言い放つと、怒りをあらわにしたのである。

 ブラジル出身のラモスは、本場仕込みの高度な技術や絶妙なパスで、前身の読売クラブや川崎の優勝に貢献。前回W杯予選では、「ドーハの悲劇」に泣いた日本チームの司令塔として中心的枠割を果たしたことは、まぎれもない事実だ。

 とはいえ、生中継での過激発言に放送終了後、NHKには「ラモスの言う通りだ。よく言ってくれた」と支持する声と「単なるドーハ組の私怨だろ」といった反発の電話が殺到。その数は15万5000件にも及び、阪神大震災時の14万件を上回る数だったという。

 ただ、ラモスの過激発言はなにもこの時だけでなく、前週のクロアチア戦の際にも、中田英寿や城彰二らをヤリ玉に挙げて、

「まるでJリーグの気分でダラダラ戦い、中学生みたいなミスをする。ほとんど、ただの選手」

 とりわけ、城については手厳しく批判し、

「ミスして笑っている姿なんか見たくない。全日本でもう城は見たくない。もうちょっと体張って、自分の仕事をやってほしい。タレントごっこやってるんじゃないんだよ」

 結果、ラモス発言の影響もあったのだろうか、一部ファンの間に「戦犯は中田と城。三浦カズが出ていれば結果は違ったはず」といった声が広がり、激論が交わされることになったのである。

(山川敦司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し