社会

垂れ下がった乳房の下に子供を押し込んで誘拐!ジャワの妖怪「ゴンベル」の目的は「復讐」だった

「悪さばかりしていると、ゴンベルにさらわれるぞ!」

 これはインドネシアで暮らす母親たちが、今でも悪戯な子供を叱る際に用いる言葉だという。

 日本人にはおよそ聞き慣れない、この「ゴンベル」とは、古くからインドネシアの神話で伝わる「ウェウェ・ゴンベル」という老婆の姿をした妖怪のことだ。ざんばら髪に長く垂れ下がった乳房が特徴で、狙いを定めた子供をその乳房の下に押し込んで連れ去るというのである。

 アジアの不思議な伝承に詳しい専門家によれば、ゴンベルはもともとインドネシアの中部ジャワ州の州都スマランで暮らすごく普通の主婦だった。子供が授からなかったことから、仲睦まじかった夫婦の間にはしだいに隙間風が吹き始め、やがて夫が別の女のもとへ足しげく通うようになった。

「疑心暗鬼になった妻はある日、夫の後を付け、行為中の2人を目撃してしまった。錯乱した妻が夫を殺してしまったというんです。ところが、まだ男尊女卑が根強い時代。原因などそっちのけで、妻は地元住民全員から責め立てられ、袋叩きにされたあげく、最後は自ら命を絶ってしまった。その怨霊がゴンベルという妖怪に姿を変えて、村人に復讐するため、子供をさらうようになったのだと…」(前出・アジア伝承専門家)

 むろん、これは神話として伝わる話だが、インドネシアでは時折、実際に子供が老女によって連れ去られる事件が発生している。その大半が親に育児放棄された子供、あるいは虐待されてきた子供だとされ、

「地元で暮らす人々の間では、ゴンベルが現代に姿を現し、子供たちをさらって、子育てしない親たちを戒めているのではないか、との噂が流布。ゴンベルは今なお、都市伝説を超える存在として、現地の人々から恐れられています」(前出・アジア伝承専門家)

 誘拐事件の現場付近には決まって、女性用下着が残されているというが、それが何を意味するのかは不明である。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】