芸能

2012年 激動ニッポンを100大予告する 柏木由紀「総選挙初制覇」

 2011年のアイドル界を独走したのがAKB48。発足して間もない頃から見守り続けてきたという「安田大サーカス」のクロちゃんが、4回目を迎える国民的イベントの「総選挙」について最速予想する─。
「過去3回は、前田敦子(20)と大島優子(23)の2大看板による対立という構図。今年は次世代のエースを育てるためにも、対立の軸を変えてくるのではないかと思うんです」
 クロちゃんのイメージでは、「チームB」は柏木由紀(20)と渡辺麻友(17)、「チーム4」なら島田晴香(19)と市川美織(17)。そして柏木vs島田戦が勃発する。
「⑮柏木由紀ちゃんが初のセンターだと思います。個人的には、あっちゃんを応援していますが(笑)」
 そんなクロちゃんがあげるブレイク候補は?
「⑯らぶたん(多田愛佳=19)とハーちゃん(片山陽加=21)ですね。ツンデレ系のラブタンは最近、細身になり、かわいらしさプラス美しさが備わってきただけに大化けの予感がします。80年代のアイドルっぽさが魅力で、別名『昭和の女』のハーちゃんは、『いじられトップ3』(高橋みなみ、秋元才加)なんて呼ばれています」
 ラストは卒業候補─。
「誰も卒業してほしくない気持ちもありますが、『AKB』が新しいステージに向かうためには、次世代にもチャンスが必要ですからね。やはり最年長の⑱篠田麻里子(25)が最右翼ですが、『上からマリコ』という歌のタイトルを聞いて、『年長者から卒業する』ということも暗示しているのではないかと思えたんです。となると、⑲小嶋陽菜(23)や大島が一緒に卒業なんてサプライズも‥‥
 雨後のタケノコのように増殖したアイドルグループの中でブレイクしつつあるグループもある。芸能評論家の堀越日出夫氏が解説する。
「ポスト『AKB』を探すなら、⑳結成5年目を迎えるJ─POPグループももいろクローバーZ』でしょうか。どこまで伸びるか、注目です」
 一方、K─POP界でダントツ人気を誇るKARAにも暗雲がたれこめている。
「昨年12月にCMのPRの際、厳戒態勢が敷かれた。どうもメンバーの不仲が再燃し、メンバー同士の会話もままならない状況になっている。このままだと(21)年内再分裂は免れません。来日の機会も減るようで、代わりに妹分のRainbowがブレイクしますね」(韓国芸能界関係者)
 もう日本では見られないのか?

この続きは全国のコンビニ、書店で発売中の『週刊アサヒ芸能』でお楽しみ下さい。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
片瀬那奈 事務所退所で引退危機も「1億円」であの業界からオファー?
2
上白石萌音、広瀬すずの美バストがくっきり!2021年の“アクシデント”ショット大賞が決定
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
岡副麻希、視聴者騒然!シートベルトがガッツリ食い込んだ“Cバスト”のド強調
5
加藤綾子 入籍から半年経過も「別居婚継続」の真相