社会

医師・帯津良一の健康放談「足腰を鍛える運動は“てきと~”でいいのです」(1)

20150226v1st

 健康診断の結果を「健康」の判断基準にする人は多いことでしょう。中には「健康診断を受けているから大丈夫だ」と、あたかも健康診断が健康法のようになっている人もいます。

 確かに健康診断は予防医学として意義のあることですが、過信してはいけません。なぜかというと、健康診断は健康状態を数値化して評価できる一方で、病気を事前に発見できないケースもあるからです。

 最も代表的な例は、消化器官、胃袋、大腸の状態の見落とし。中でもいちばん多いのは、胃の異変を見逃してしまうことです。

 というのも、私の病院にもよく、「健康診断では大丈夫だと言われたのですが」と言いながら、胃の不調を訴える患者さんが少なからず来ます。そして診察してみると、大きくて立派な「モノ」がある。

「1年前の健康診断では大丈夫だと言われたのですが、その頃はなかったのでしょうか」

 患者さんにこう聞かれることも珍しくありません。しかし、迂闊なことを言えば訴訟になる世の中です。医者は「それはわからない」としか答えられません。

 実は、そういう例が結構な数、あるのです。

 つまり、健康診断の結果が正常であっても、正常なのは「今」だけであり、不調が続いたら診察を受けなければ意味がないということ。

 ならば健康診断だけではなく、人間ドックも受けて受診回数を増やせばいい、と考える人もいるかもしれませんが、これでは健康によくありません。CTやレントゲン撮影をすると、微量とはいえ被曝するからです。厚生労働省も20歳以下の健康診断では、レントゲン撮影を勧めていないぐらいです。

 さらに健康診断には、もう1つの弱点があります。それは、現代の科学レベルでキャッチできる情報しかつかめない、という点です。しかもつかめるのは数値化できる「だけ」の情報です。心や命に対する情報は、まったくつかめません。

「人間まるごとの健康」という観点から見れば、体だけの情報はごく一部。それで人間の全てを表しているとは思わないほうがいいのです。しかも現在の健康診断では、臓器と臓器の間を診ることもできません。

 ですから、診断結果が全て正常値だったからといって、もろ手をあげて安心してはいけません。健康診断の結果にとらわれるのではなく、自分の体の不調をキャッチすることのほうが大切なのです。常に体の声を聞く、体の奥にある「命の声を聞く」と言いかえてもいいでしょう。

 命の声を聞くためには、「攻めの養生」が不可欠です。「攻めの養生」の基本は、人生にときめきを持って、毎日を生き生きと生きることです。生き生きと毎日を積極的に生きていれば、些細な体調の変化にも気づきやすくなります。

 ただし「生き生きと生きる」ことは数値化することができませんから、こればかりは自分で自分を評価するしかありません。

◆プロフィール 帯津良一(おびつ・りょういち) 医学博士。東大医学部卒、同大医学部第三外科、都立駒込病院外科医長などを経て、帯津三敬病院を設立。医の東西融合という新機軸をもとに治療に当たる。「人間」の総合医療である「ホリスティック医学」の第一人者。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道