芸能

深田恭子の“色気進化”が止まらない!(1)放送中のドラマで魅せた艶技

20150226a

「花金」深夜ドラマで深キョンのエロ進化が止まらない! 白衣を着た教師役に扮して、同僚教師との不倫関係、年下ダンサーとの危険な恋──深田の芸能人生最大の濃厚濡れ場を連発するのだ。肉食系女子として数々の浮き名を流した「私生活」がようやく“艶技”に昇華する時が来た!

「これだけ? 好きだったら私を抱いて!」

 亀梨和也(28)から“路チュー”されたあと、こんな刺激的な言葉で挑発するのは、深田恭子(32)である。

 一瞬、たじろぎながらも男として引き下がれないと思った亀梨は、生活感あふれる安アパートに深田を連れ込んだ。

 ソファに座ると、亀梨が肩を抱き寄せ唇を合わせる。そのまま深田が着ていたキャメルのコートを脱がせると、ニットカーディガンの上からハッキリとわかるお椀形の豊満な胸が。

 唇を重ねる音が静かな室内に響く。亀梨がカーディガンのボタンを下から外して、白いタートルネックのシャツを脱がせようとすると、深田がささやく。

「‥‥自分でやる。自分で脱ぐ。‥‥電気消して」

 真っ暗な部屋で、電気ストーブが放射する赤外線だけがともる中、ゆっくりした動作でシャツとスカートをみずから脱いで、シルクのキャミソール姿になったのだ。

 その深田を亀梨がお姫様だっこで持ち上げて、布団が敷かれた部屋に移動する。と、深田から覆いかぶさり、3秒ほど唇を触れ合わせた。それから体を密着させると、深田の肩甲骨が浮き上がる“背中”があらわになった──。

 これは、2月6日からスタートした深夜ドラマ「セカンド・ラブ」(テレビ朝日系)の第1話目のラストシーンで魅せた濡れ場だ。深田は女子高の独身化学教師役で、同僚教師と5年間の不倫関係にある。その最中、亀梨が演じる年下ダンサーと出会い、捨て身の恋に溺れていくストーリーだ。

 ドラマのテーマは、スキャンダラスな「夜メロ」。脚本は不倫愛で話題になった「セカンドバージン」(NHK)の大石静氏を起用した。深田とはつきあいが長く、

「昔から気心が知れた仲で、彼女のよさを引き出せるのは私だけ」

 と、撮影前にこのドラマへの意気込みを関係者に話していたという。

 今回のドラマの深田について、上智大学文学部新聞学科の碓井広義教授(メディア論)は、「富豪刑事」(テレ朝系、05年)以来のはまり役に恵まれたと喝采を送る。

「これまで航空管制官や弁護士役などを演じましたが、美人で浮世離れしたおもしろさが魅力の彼女に、無理筋の知的なイメージは似合わなかった。今回は熟女前期の年齢を迎え、みごとにボディが熟したタイミングでのエロスな役どころ。これを視聴者は求めていたのです。濡れ場シーンで背中を見せて吐息を漏らした時には、『いいぞ! 深キョン』って胸が熱くなりましたね」

 深田の作品にかける思いは強く、ベッドの上で亀梨と上半身裸で抱き合った番組宣伝用のポスター撮影ではこんな場面も。ドラマスタッフが振り返る。

「首から胸元のデコルテラインがセクシーに見えることにこだわり、納得いくまで何度も撮り直しました」

 初回の平均視聴率は、深夜帯ながら8.2%と好スタートを切った。ドラマの展開が気になるところだが、ドラマスタッフが続ける。

「1話の濡れ場を使い回して始まった2話目ですが、カラミはトーンダウンしました。しかし物語の終盤に向かって深田さんのセクシーな谷間の露出など、過激さを増していく予定です」

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
4
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
5
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!