芸能

寺島しのぶ、アカデミー賞“ネタバラシ発言”で炎上も完全スルーの「鈍感力」

20150302terashima

 今や、大物女優のひとりとなった寺島しのぶが久しぶりに暴走、物議を醸している。

 事件が起きたのは、2月23日に放送されたWOWOWの番組上での出来事。世界中が注目する「第87回アカデミー賞授賞式」を伝える番組に出演し、受賞作について“ネタバラシ発言”を繰り返し、映画ファンに大ひんしゅくを買ってしまった。

「作品賞を含む最多四冠に輝いた映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を語る際に、ラストシーンについてネタバラシ。この映画は、日本では4月公開だったため、視聴者からの大ブーイングでネットが炎上しました。しかもこれだけでは飽き足らず、助演女優賞作に輝いた『6歳のボクが、大人になるまで。』のラストもネタバラシを繰り返し、ネットでは『もうしゃべらないで』『もうこの人出さないで』と非難ごうごう。挙げ句の果てには、『ネタバレが怖いから、スタジオが映ったら音声をミュートしよう』とまで書かれていましたよ」(映画関係者)

 しかし、そんなことを気にする寺島ではないという。

「自身のブログ『ほどほど』では、そのことについては完全にスルー。まったく意に介していないようです。市川染五郎との破局後も、素晴らしい脱ぎっぷりを披露して、女優としての地位を確立したように、とにかく彼女はわが道を行くタイプ。今回の暴走事件が炎上すればするほど、4月の舞台『禁断の舞台』が楽しみだ、なんていう声も聞かれます」(スポーツ記者)

 さすがは、緋牡丹のお竜を母親に持つだけに、周囲の雑音に対する「鈍感力」には恐れ入るばかり。日本での騒動など眼中にないとばかりに、今後は海外に移住する計画もあるという。

「フランス人のローランと結婚して、一粒種の眞秀(まほろ)君が生まれて以来、フランスに長期滞在することを考えているようです。フランスを足掛りに、ヨーロッパで活躍することも視野に入れているのではないでしょうか」(前出・映画関係者)

 どこまでもマイペースなようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」