芸能

堂本光一が緊急事態に見せた「座長の責任感」、過去には滝沢秀明の舞台も…

20150324koiti

 Kinki Kidsの堂本光一が座長を務めるミュージカル「Endless SHOCK」にて、重さ800キロの巨大なLEDパネルが倒れ、6人が負傷した。その事故はまるで演出の一部かのように、ゆっくりと発生したという。

「倒れたLEDパネルは高さ7メートル、幅3メートルで、6畳間が縦に2つ並んだほどの超巨大なサイズです。そのパネルが上半分から手前に折れ曲がり、次第に全体がゆっくりと倒れてきたため、最初のうちはダンサーさんが腕で支えていたほど。しかし、重さに堪え切れず下敷きになってしまったようです」(芸能ライター)

 このミュージカルは、そもそものテーマが「Show must go on」、すなわち「ショーを止めるわけにはいかない」というもの。劇中では主演の堂本が「ステージは生き物だ。それに対応するなんて当たり前のことだろう!」と叫ぶなど、まるでこの事件を暗示しているかのようなセリフすらある。

 その「Endless SHOCK」がトラブルで中止になったのは今回が初めてではない。2008年1月23日の昼公演では、開演直後に機械のトラブルで幕が上がらなくなり、中止を余儀なくされている。もっともこちらは夜公演で無事に上演を再開している。

 他の舞台に目を転じると、2006年3月22日には滝沢秀明が主演を務める「滝沢演舞城」にて演出に用いる炎が紙ふぶきに引火し、それが原因で出火。舞台の中止に追い込まれた。こちらは火の演出を取りやめ、消防署に改善点を申請することで、3日後の再開に漕ぎつけている。

 今回の事故では当初、帝国劇場の支配人が観客に舞台の中断をお詫び。その後、座長である堂本本人が登場し、自ら舞台が中止になったことを報告し、最後には「本当に申し訳ございませんでした」と深々と頭を下げた。

「堂本はお詫びの挨拶のあと、観客の全員が劇場を後にするまでステージに立ち続け、お見送りしたそうです。まさに座長としての責任感の表われでしょう。この舞台では、これまでにもゲネプロで足首の靱帯を痛めたり、リハーサルで頭を打って入院したことすらあるのに、一度も舞台に穴を空けたことはありません。疲労が溜まった時にはブドウ糖の点滴で乗り切ったこともあるそうです」(前出・芸能ライター)

 そんな座長精神と出演者一同の結束が功を奏したのか、「Endless SHOCK」は3月20日からの公演再開が決まった。これまで1200回以上上演され、ミュージカルの単独主演記録すら樹立している同舞台。今後も自己最高記録を更新し続けていきそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ渡邊渚、G…いやHカップ!?ニットバストで「デカすぎ!」の衝撃
2
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
3
熊田曜子、「“大人の夜の玩具”使用疑惑」でSNSに“下世話コメ”殺到の地獄絵図!
4
フジ渡邊渚、待望の「Gカップ“たゆんたゆん”新動画」にファン歓喜!
5
太川陽介に不要論も!?テレ東「旅番組」新企画の気になる評判