芸能

“昭和男”を熱演する高橋克典が本番中にブチギレたある大物俳優

20150416takahashi

 高橋克典が主演を務める新ドラマ・木曜ミステリー「京都人情捜査ファイル」(テレビ朝日系4月25日スタート)の制作発表記者会見が同局で行われた。主人公の戸隠鉄也を演じる高橋のほか、松下由樹、松平健、高部あいらが登場した。

 同作品は警察組織に実在する「犯罪被害者支援室」を初めてドラマ化。戸隠班の班長を演じる高橋は「戸隠は昭和の男のイメージ。非常に真っ直ぐで誠実な部分を大事にやっています」と語った。

 高橋といえば、その鍛えられた肉体でこれまでにも数多くのアクションシーンを演じてきたが、かつて、映画「新・仁義なき戦い/謀殺」の撮影の際に、共演した渡辺謙に本気で殴られブチギレした過去があるという。

「事件が起こったのは、極道の兄貴分役を演じる渡辺のタバコに、その弟分役の高橋が火を着けるシーン。リハーサルでは何事もなかったのに、本番で火を着けたとたん、いきなり渡辺がアドリブで高橋のあごに右ストレート。突然の事態に動転しつつも本番中のため『なに急にマジで殴ってんだよッ!』と心の中でブチギレ。しかし渡辺の一方的な攻撃は収まらず、その後も容赦無いパンチやキックを浴び続けたそうです」(芸能ライター) 

 これは「櫻井有吉アブナイ夜会」(TBS系)で高橋が明かしたエピソードだが、高橋はこの時、俳優・渡辺謙の“一発本番”にかけるすさまじい役者魂を学んだと話している。

 前述した「京都人情捜査ファイル」の会見では、後輩役を演じる高部に「お父さんのよう」と言われ苦笑いを見せた高橋。くれぐれも高部に役者魂の洗礼を与えないよう願いたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋