芸能

「ヤメゴク」視聴率5.2%の大爆死で大島優子と前田敦子の立場が逆転!

20150602oshima

 5月28日に放送されたテレビドラマ「ヤメゴク」(TBS系)の視聴率が5.2%を記録したことがわかった。この低空飛行ぶりに、かつてAKB48時代にライバル関係にあった前田敦子との差は、大きく開いてしまったとテレビ誌記者は語る。

「『ヤメゴク』の監督を務めるのは『トリック』『スペック』などのヒットメイカー堤幸彦です。現在上映中の前田敦子がヒロインを演じた映画『イニシエーション・ラブ』も堤監督作ですが、『ヤメゴク』とは対照的に若者を中心に大ヒット。さらに前田は演技に関しても上々な評価を得ており、今まで彼女に対して厳しい目で見ていた前田アンチも認めるという掌返し現象が起こっている。また監督も『女優として最終兵器。心が鷲づかみにされた』と前田を絶賛しており、ドラマがコケてしまった大島との差はますます広がることに‥‥」

 そんな大島は「ヤメゴク」の前に出演していたドラマ「銭の戦争」(フジテレビ系)で、号泣する演技を披露したが、泣き声が不自然だとネットで炎上した過去がある。その名誉挽回とばかりに挑んだ今回の主演作だったが、大島は主役のキャラクターにあまり合っていないとテレビ誌記者は続ける。

「『ヤメゴク』は脚本の評価も高く、脇を固める北村一輝や遠藤憲一も素晴らしい演技を見せています。しかし極道相手に怯まず立ち向かう主役が、身長152センチの小柄な大島ではどうしても迫力が出ない。これが戸田恵梨香ならば、ダークな雰囲気を纏った主役を見事に演じきり、ドラマはヒット、翌年には映画化という黄金ラインが出来上がったかもしれません」

 数々のテレビドラマが映画化されてきた堤監督の作品だが、低視聴率の今回ばかりはさすがに厳しいかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった