芸能

主演をライバル女優たちに明け渡す能年玲奈が引きこもり中にハマったものは?

20150723b

 今年1月に個人事務所を立ち上げたことで独立騒動が勃発した能年玲奈(22)。以降、表舞台で彼女の演技を見る機会はめっきり減った。開店休業状態にある彼女の“今”を伝える!

 能年がNHKの連ドラ「あまちゃん」でブレイクして国民的女優となったのは13年。だが、それ以降の出演作は映画が2本、単発ドラマが1本と寂しいかぎりだ。民放関係者が語る。

「2年前は、うちの局だけでも5作以上の出演オファーを出しました。しかし、いくら待てども返答がないことも多く、結局は代役を立てることになる。『作品を選びすぎでは』と、その慎重すぎる姿勢に疑問の声が上がっていました」

 そうして逃した“大役”は1つや2つではない。ベストセラー漫画「進撃の巨人」の実写版映画(8月公開)は、企画段階から能年のヒロイン起用が検討されていた。だが、同作のキャストに彼女の名はない。映画関係者が明かす。

「昔から『進撃──』のコミックの大ファンだった能年は、映画出演を熱望していた。それだけに、キャストから漏れたことを知ると、かなり落ち込んだ様子でした。と同時に『何でもっとプッシュしてくれないの‥‥』と不満を口にすることもあったようです」

 同じく人気漫画が原作で、来年公開予定の映画「ちはやふる」もまた、能年が主演候補の筆頭だった。

「制作サイドは昨年から、能年主演で準備を進めていました。というのも、濡れ場はもちろんとして、『キス』『異性との抱擁』『茶髪』『喫煙』などNG事項がやたらと多いことで有名でしたから。シナリオ作りについても当然、能年主演を念頭に進めていました」(前出・映画関係者)

 しかし、今年5月に「週刊文春」(5月7・14日号)が、能年と所属事務所の決裂危機を報じた。記事によれば、能年は「態度が悪いから」という理由でマネージャーに仕事を入れてもらえず、ついに事務所社長に退社を申し出たという。この“冷戦状態”が明るみに出たこともあってか、主演映画は軌道修正を余儀なくされた。

「主演となると、いろいろな契約が付き物。肖像権のトラブルでDVDがお蔵入りになるリスクも考慮して苦渋の決断を下したのです」(前出・映画関係者)

 そこで急遽、「ちはやふる」の主演として、白羽の矢が立ったのが広瀬すず(17)だった。

「能年をメインキャストに据えて来年4月に放送予定だった連ドラも、有村架純(22)の代役で決まりそうです」(前出・民放関係者)

 主役の座を次々とライバル女優に明け渡した能年は今どうしているのか。芸能記者が近況を語る。

「都内マンションで引きこもりのような生活を送っていました。6月にはブログで自宅マンションのロフトを紹介。ワンピース姿で太腿をさらした能年を真下から撮影した“パンチラアングル”の写真がファンの間で話題になりました」

 ネットでサービスカットを披露する一方で、外出する際は大きな帽子と眼鏡、ダボッとした地味めのシャツを着て芸能人オーラを消しているという。

「そんな彼女が頻繁に出かけるのは、池袋の乙女ロードと呼ばれる女性オタクの聖地。人気少女漫画と一緒に、『BLモノ』と呼ばれるボーイズ・ラブ系の漫画を買い漁っていたところを目撃されています」(前出・芸能記者)

 BLは男同士の“性愛”をモチーフにしており、過激なエッチ描写も含まれるジャンル。マニアは多く、漫画好きを公言する能年が、「試しに‥‥」と手を伸ばしても何ら不思議ではない。それより気になるのは、このモラトリアム期間がいつまで続くかだ。

「所属事務所としては一縷の望みを抱いていた。だが、現在は完全に諦めムード。ドラマのオファーがあっても『交渉を引っ張って制作に迷惑はかけられない』と基本的には断る方針のようです」(前出・民放関係者)

 7月7日、能年は七夕にちなんで、短冊の写真をブログで公開。そこにはこんな願いがつづられていた。

「一生演技ができますように」

 一刻も早い騒動の収束を願っているのは、彼女を支えたファンも同じだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜田雅功が26年前にピエール瀧の“犯罪者になる素質”を見抜いていた!
2
今そこにある芸能界の闇営業(4)ビッグタレントの裏に潜む“肉体献上”
3
あの番組が原因!?ダウンタウンが「テレ朝を出禁」になった裏の疑惑!
4
嵐・大野、関ジャニ横山出演映画から「まさかのオファー無し」にファン悲鳴!
5
口から白濁した液を滴らせて…有村架純の最新ショットが意味深すぎる!