芸能

武井咲と大久保佳代子のキス顔CMこそ「エイジハラスメント」?

20150720takei

 武井咲が主演を務める新ドラマ「エイジハラスメント」(テレビ朝日系)が、9日からスタートした。

 内館牧子原作・脚本による同ドラマは、武井演じる新入社員・英美里が、受付やお茶汲み、パーティーの案内係、会社パンフレットの表紙起用など、その「若さと美貌」ゆえに“真っ当な仕事”を与えてもらえないという、世の女性たちが抱える職場の理不尽なモラハラ、パワハラ、エイハラに対して「テメェ、五寸釘打ち込むぞ!」とタンカを切って奮闘するストーリーだ。

「初回放送の視聴率は9.7%。決めゼリフは威勢がいいが、いまや“五寸釘”すら知らない世代も多く、内容も時代錯誤が甚だしいといった批判が相次いでいます」(芸能ライター)

 そんな武井が、新たな冷水を浴びることとなった。現在オンエア中で、武井の“キス顔”が話題となっているあるCMが、ネット上で不評を買っているというのだ。

「その原因は、武井と共にキス顔を披露するお笑いタレント・オアシズの大久保佳代子の顔が“不快だ”という、とばっちりのような反応です。武井自身のキス顔はもっぱら好評の声も多かったのですが‥‥」(前出・芸能ライター)

 だが、芸能ジャーナリストは違う視点でこのCMの問題点を指摘する。

「武井はこのドラマについて『ハラスメントで悔しい思いをしている人の気持ちを代弁したい』というが、むしろこのCMこそがハラスメント。若くて綺麗な武井のキス顔と、年増で決して美人ではない芸人的容姿の大久保のキス顔を“並べて笑う”構図こそ、主人公の英美里が最も嫌うものではないでしょうか」

 昨今、美人女優と女性芸人を共演させるコミカルなCMが多いが、むしろハラスメントが一番ひどい世界は、武井のいる芸能界なのかもしれない。

(米沢のしろ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?