芸能

ひな壇美女タレント「ライバル相関図」2022<お笑い編>大久保佳代子VS近藤春菜「確執報道」の真相

 トーク番組が増え、現在はある種のお笑いブーム。バラエティー番組で活躍する女性芸人の数も明らかに増えている。厳しいコンプライアンスが求められる中、ひと昔前のような容姿イジりもすっかり消え、女性芸人がテレビに求められる役割も大きく変わった。

 指原や若槻といったひな壇タレントの親友も多く、準レギュラーも含めれば実に9本のレギュラー番組を抱えるフワちゃん(年齢は非公表)。そんな彼女をまさに“ザ・テレビタレント”と評するのが最近共演したばかりの芸人・ユリオカ超特Q氏だ。

「人気YouTuberからテレビの世界に来ましたが、今活躍している誰よりもテレビタレントっぽい。『この人はタメ口』『この人にはさんづけ』『この人は思い切りツッコんでいい』など、場の空気を読んで絶妙に使い分け、バランスを取っている。見た目がハデなので目立ちますけど、意外と踏み込みすぎるところもない。それが出演者やスタッフから愛される理由だと思います」

 バランス力という点で、ユリオカ氏が最も優秀とナットクするのがオアシズの大久保佳代子(51)だ。

「もともと下ネタキャラでブレイクしましたが、今や『ゴゴスマ』(TBS系)や『ノンストップ!』(フジテレビ系)など、主婦層が見る番組でも活躍しています。普通は下ネタのイメージがあると女性視聴者から敬遠されますから、これはけっこう、すごいこと。恐らくOLを長く経験した庶民感覚がベースにあるんでしょう。そういう部分が女性の共感を呼んでいるのだと思います」

 そんな大久保とハリセンボン・近藤春菜(39)は、18年、女性週刊誌で確執が報じられている。放送作家が振り返る。

「大久保さんといとうあさこさん(52)は近所に住んでいて飲み友達。他の芸人を交えて飲むことも多いんですが、近藤さんは『春菜会』と称して女優との付き合いが多く、芸人同士の飲み会に参加しない。それを大久保さんがよく思っていない、という内容でした」

 しかし、かつての事務所の後輩であり「今でも会えば大久保さんは気さくに話しかけてくれる」というユリオカ氏は、この報道について否定的だ。

「いい意味で、大久保さんはそこまで他人に関心がない。いとうさんも小学校から高校まで『雙葉』に通っていたお嬢様で、ベースが上品。2人ともそんなにガツガツと芸能界でのし上がっていこうというタイプではありません。だから2人は気が合うんでしょうし、その程度のことで確執が生まれるとも思えません」

 相関図を見てもわかるように、みんな仲よし同士。その背景には、女性芸人のポジションが大きく変わったことがあるという。

「昔は本当に大変だったと思います。多くの男性芸人に交じって女性芸人の出演枠は1組程度。そこで『ブス』だの『デブ』だの容姿イジりをされ、少しずつ知名度を上げていった。ハリセンボンの2人もそんなふうに出てきたコンビです。そんな狭い枠を大人数で競っていたので『あいつには負けない』『蹴落としてやろう』など、ギスギスした雰囲気も出てくる。ですが今は、そういう話をほとんど聞きませんね」(ユリオカ氏)

 若手に目を移せば、3時のヒロインぼる塾ヒコロヒー(33)なども仲がよく、共演も多い。

「まだブレイクする前、ヒコロヒーには僕のライブに何度も出てもらいましたが、まさかこんなに売れるとは(苦笑)。ネタの世界観がしっかりしていて友近(49)に通じる部分があると思っていましたが、ネタがおもしろいからといってテレビタレントとして成功するわけじゃない。ちょっと昭和感があり、フワちゃんとは違う路線で、もう少し大きくなる可能性はあると思います。幸が薄そうに見えるところがいいですよね」(ユリオカ氏)

 バラドル、モデル、お笑いのいずれにしても、いかに女性視聴者に受け入れられるかが、今のテレビで成功する秘訣なのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
3
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…
4
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
5
井上尚弥はSバンタム級で勝てるのか…渡嘉敷勝男と米トレーナーの予想がまっぷたつに