芸能

「女性として死にたい…」手術を受けるKABA.ちゃんの“本気度”

20150720kabachan

 最近、ネットユーザーから「どこのマダムかと思った」などと、キレイになったと評判なのが、タレントのKABA.ちゃん。その変貌ぶりたるや、オネエ仲間のクリス松村からも「会う度に美しくなっていてビックリ!」と称賛されるほどだ。

 そんなKABA.ちゃんが13日、フジテレビ「ノンストップ!」の取材に応じ「鼻筋を真っすぐにして小鼻を上げる整形手術を受けた」と告白。

 さらに、「今後は海外で性別適合手術(性転換手術)を受ける予定」であることも明かし、「自分が女性になるという形だけではなく、体が変わるなら戸籍も変えたいんです。最終的に女性として死ねたらいいなと思います」と、戸籍変更も視野に入れて準備中だという。

 戸籍の性別変更といえば、2004年に施行された性同一性障害者特例法を受け、同年10月、カルーセル麻紀が性別変更を認められた。

 だが、この特例が認められるまでには、現在20歳以上で未婚であること、未成年の子供がいないこと、2人以上の医師により性同一性障害であることが診断されていることなど、いくつかのハードルが課せられている。

 性同一性障害に詳しいジャーナリストは、「男性から女性へ変わる手術技術は発達していて、それほど難しいものではなくなりました。ですが、特例法をクリアするまでには、肉体だけでなく精神的な苦痛も伴います。カルーセル麻紀さんもその過程で何度も挫折しそうになったと聞いています」

 KABA.ちゃんが戸籍上“女”になるまでには、今後、専門医によるカウンセリングなど、大変な道のりが待っている。新宿2丁目界隈の世界でも、「なかなかそこまでは実行に移せない」という今回の行動に、KABA.ちゃんの並々ならぬ「本気度」が伺えるのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
4
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」