芸能

「女性として死にたい…」手術を受けるKABA.ちゃんの“本気度”

20150720kabachan

 最近、ネットユーザーから「どこのマダムかと思った」などと、キレイになったと評判なのが、タレントのKABA.ちゃん。その変貌ぶりたるや、オネエ仲間のクリス松村からも「会う度に美しくなっていてビックリ!」と称賛されるほどだ。

 そんなKABA.ちゃんが13日、フジテレビ「ノンストップ!」の取材に応じ「鼻筋を真っすぐにして小鼻を上げる整形手術を受けた」と告白。

 さらに、「今後は海外で性別適合手術(性転換手術)を受ける予定」であることも明かし、「自分が女性になるという形だけではなく、体が変わるなら戸籍も変えたいんです。最終的に女性として死ねたらいいなと思います」と、戸籍変更も視野に入れて準備中だという。

 戸籍の性別変更といえば、2004年に施行された性同一性障害者特例法を受け、同年10月、カルーセル麻紀が性別変更を認められた。

 だが、この特例が認められるまでには、現在20歳以上で未婚であること、未成年の子供がいないこと、2人以上の医師により性同一性障害であることが診断されていることなど、いくつかのハードルが課せられている。

 性同一性障害に詳しいジャーナリストは、「男性から女性へ変わる手術技術は発達していて、それほど難しいものではなくなりました。ですが、特例法をクリアするまでには、肉体だけでなく精神的な苦痛も伴います。カルーセル麻紀さんもその過程で何度も挫折しそうになったと聞いています」

 KABA.ちゃんが戸籍上“女”になるまでには、今後、専門医によるカウンセリングなど、大変な道のりが待っている。新宿2丁目界隈の世界でも、「なかなかそこまでは実行に移せない」という今回の行動に、KABA.ちゃんの並々ならぬ「本気度」が伺えるのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
5
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然