芸能

斎藤工を超えた!?女を“視殺”する長谷川博己のクールフェロモンが凄い!

20150719hasegawa-2

 8月8日から公開の映画「この国の空」(荒井晴彦監督)で、主演の二階堂ふみ(20)演じる里子に惹かれる市毛を演じた俳優・長谷川博己(38)のフェロモンがすごいと評判だ。

 舞台は昭和20年の東京。体の弱い市毛は兵役を逃れ、妻子を田舎に疎開させ独り暮らし。しかし市毛は、その隣に母親と住む若い里子に想いを寄せ始め‥‥といったストーリーだ。

 すでに試写を観た芸能ライターは、長谷川の演技に注目したそうだ。

「今作は、二階堂の肢体が話題になっていますが、彼女を見つめる長谷川の視線がすごい。“この女をモノにしたい感”がビンビン伝わってくる。里子を背後から抱きしめるシーンでは、市毛はすでに悶々としているのではないか、と思うくらいです。鈴木京香もあのフェロモンに参ったのかと納得しました」

 しかしここにきて、鈴木と長谷川は同棲を解消したとも伝えられたのだが、芸能記者は破局を否定した。

「すでに報じられたように、鈴木の母親の看病のため、同棲を解消しただけのこと。今回の破局報道は映画宣伝のための話題作りでしょう」(前出・芸能ライター)

“男版・壇蜜”と話題を集めたセクシー俳優・斎藤工は、優しいフェロモンで世の女性をときめかせたが、大人の長谷川はクールなフェロモンで“視殺”しそうだ。

(李井杏子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    加工に疲れた!?「証明写真」「写ルンです」の「盛らない」写真の人気事情

    SNSに投稿する写真は加工アプリを使って「盛る」ことが当たり前になっているが、今、徳にZ世代の間では「あえて盛らない」写真を撮影し投稿することがブームとなっている。いったい若者たちにどんな心境の変化があったのか。ITライターが語る。「盛らな…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
雪の上に「一本足のU字型足跡」が60キロも点々と…住民をパニックに陥れた「デヴォンシャーの悪魔」犯人探し
2
里崎智也がバラした「安楽智大のパワハラ」よりも許せない「球界迷惑事件」
3
「池袋駅」大規模整備で期待が膨らむ「都電荒川線」延伸計画の再浮上
4
【バス旅】太川陽介がブチギレ確実!イライラを爆発させる「史上最悪のゲスト」
5
巨人・戸郷翔征の顔をこわばらせた阿部監督の「開幕投手指名」今から火の車事情