芸能

ジャニーズの厚切りジェイソンか?太田光も絶賛したマリウス葉の天然ボケ力

20150731marius-2

 ネットアンケート会社・アイブリッジが20日、全国の女性500名に聞いた「ピンでもいける!トーク番組で爪痕残しそうな若手ジャニーズタレントランキング」を発表した。

 SMAPや嵐をはじめ、最近ではバラエティ番組で活躍するジャニーズのタレントは多いが、はたして、若手メンバーのなかに今後のバラエティ界をけん引するような逸材が隠れているのだろうか。

 その集計結果をみると、1位は山田涼介(Hey! Say! JUMP)となった。歌やダンスはもちろん、ドラマや映画での演技力の高さも評価を受けているが、バラエティ番組での物怖じしない発言や軽快なトークも好印象。「格好良くて面白いなんてズルイ」といった声が多く寄せられている。

 続いて2位は料理や楽器、イラスト、ジャグリングと特技の多いことで知られる八乙女光(Hey! Say! JUMP)。最近では古畑任三郎のモノマネをはじめ、レパートリーを増やしているその努力(?)が認められてのランクインか。

 そして3位は北山宏光(Kis-My-Ft2)。「中居正広の怪しい噂の集まる図書館」(テレビ朝日系)などでのリアクションや返しの上手さが「バラエティ向き」と評価され、ベスト3に滑り込んだといえそうだ。

 以下ランキングは、玉森裕太、藤ヶ谷太輔、中島健人、中山優馬、有岡大貴、桐山照史、塚田僚一というある意味予想通り(?)の結果となったが、あるテレビ誌記者はこのランキングに惜しくも漏れた、ダークホースの存在を指摘する。

「それがSexy Zoneの末っ子・マリウス葉です。ジャニーズのメンバーのなかでも珍しいドイツ人とのハーフで、日本にいる現在もインターナショナルスクールに通っていることで知られていますが、帰国子女なだけに日本のルールや常識に疎く、厚切りジェイソン的な素養があるのではと期待しています。

 同グループの菊池風磨に嘘の情報を教えられても素直に信じ込んでしまうのは日常茶飯事。あのヒャダインからも“ネタの宝庫”と言われ、その天然ぶりは爆笑問題の太田光からも絶賛されるほどです」

 ネット上でも「変な芸人より面白い」と評判で、いまや若手芸人からは「その容姿で想定外のことブチ込んでくるのはズルイ」「ジャニーズの飛び道具」とさえ言われているのだ。

 果たして、次代のジャニーズバラエティ界を背負うのは、山田涼介か、マリウス葉か。彼らの今後の活躍をじっくりと見守っていくのもファンの楽しみといえるだろう。

(琴葉)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え