芸能

「ドラマのTBS」崩壊で頼みの綱は「MBS」!?

20150731tbs

「ドラマのTBS」の衰退が各所で叫ばれている。近年「半沢直樹」や「JIN-仁-」などの名作こそ生んではいるものの、「時間ですよ」「水戸黄門」「3年B組金八先生」といったシリーズ化につながる秀作を量産していた頃を知っている者にとっては寂しい限りだ。

 7月23日には、今年の4月期に月曜20時台のドラマ枠が消滅したのに続き10月期から木曜21時のドラマ枠までもが廃止されることが発表された。そのため、19~23時のプライム帯と呼ばれる時間帯でのドラマ放送がたったの3作品しかなくなってしまうのだ。

「TBSのドラマの今後は、MBS(毎日放送)にかかっています」

 と言って、番組制作ディレクターが続ける。

「深夜ドラマはおもしろいと思わせてくれるようになったのが、大根仁氏が演出を手がけた08年の『週刊真木よう子』(テレビ東京系)。その後も『湯けむりスナイパー』『モテキ』『まほろ駅前番外地』(すべてテレビ東京系)とヒットさせ、視聴者に深夜ドラマの存在を認知させてくれました。そこに目をつけたTBSは、系列局のMBSで小林薫主演『深夜食堂』を制作し、見事に当てました。その後も貫地谷しほり主演『女くどき飯』、山田孝之が企画から関わり主演もした『REPLAY&DESTROY』、村上淳主演『シメシ』、今期は『となりの関くんとるみちゃんの事象』と、MBS制作の大人が楽しめる深夜ドラマで起死回生を狙っています」

 深夜枠だろうが、制作局がMBSだろうが、視聴者は良質のドラマを作ってくれればそれでいいのだが。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鈴木亜美、幼少期の極貧生活告白で思い出される「アノ人との恋愛」
2
ミニ丈スカートにワキ見せも!「北朝鮮スッチーカレンダー」を入手公開
3
“SNS開設”を拒んだ新垣結衣が絶対にプライベートを見られたくないワケ
4
あの川田利明が「ベンツ3台分をつぎ込んでも」ラーメン屋を続ける理由とは!?
5
常盤貴子の完熟ボディに熱視線!過去最高の「2つのふくらみ」は見逃せないッ