芸能

北川景子 “わがまま女王様キャラ”が激安中華料理店で隠密デートの意外現場

20150827c-3

 主演ドラマ「探偵の探偵」(フジテレビ系)で激しいアクションをこなす北川景子(28)。交際中のDAIGO(37)も今月22日、「24時間テレビ」(日本テレビ系)でマラソンランナーとなるなど今が旬の2人。だが、最近、“女王様”のイメージとはかけ離れた意外な場所で密会していた。

 2人が訪れていたのは、東京・港区の大衆的な中華料理店だった。店員が証言する。

「これまで5、6回は来ていると思います。いつも2人きりで、夜9時頃が多いですかね。5月28日に来店された時は、奥の席で親密そうに何か話し合っていました。注文は、五目チャーハン、牛肉の黒胡椒炒め、空心菜炒めでした」

 実はこの店、北川の自宅マンションのすぐ近くにあるのだ。近隣で働くサラリーマンが語る。

「ここは2時間飲み放題・食べ放題で2980円という激安店。酒と料理2品で1000円ポッキリというセットもありますよ。だけどおいしいわりに、穴場なのか、けっこうすいている」

 それにしても激安中華料理店とは、「わがまま女王様キャラ」の北川には似つかわしくないが‥‥。

「『探偵の探偵』撮影現場ではリーダーシップを発揮していて、共演の川口春奈(20)からは畏敬の念を込めて『姐さん』と呼ばれています。過去にCM撮影現場ではスタイリストの用意した服が気に入らず、着用を拒否したことがあったそうです。監督や広告代理店側の必死の説得で、最終的には『まあ、北川景子が着るならカッコよくなるか』と言い、撮影に応じたと言われています」(民放局スタッフ)

 また、インタビュー取材でムスッとしてほとんど答えなかったり、かつて交際した山下智久(30)との買い物デートでは北川がレシートを投げつけ、山下が慌てて拾ったりということもあったというが、充実した私生活が北川のキャラを変えつつあるのだろうか。

「実家住まいのDAIGOは北川のマンションにしょっちゅう来ていて、もはや半同棲状態。北川もゾッコンです。厳しくしつけられたみたいで、料理もうまい。入り浸るのも無理はないでしょう」(芸能プロ関係者)

 そんな逢瀬のつかの間の外出先が、北川の自宅近くの穴場店だったのだ。芸能ライターが明かす。

「2人とも結婚の意志は固い。ただ、北川は女優として一流だけど、DAIGOはミュージシャンとしてはまだ微妙という自覚があり、結婚は一皮剥けてからという思いがあるんです。具体的には紅白出場だといいますが‥‥」

 そしてもう一つの結婚の阻害要因が、中華料理店店員の、

「最後にレジで支払ってもらう際にサインをお願いしたら、北川さんは気さくに応じてくれました。DAIGOさんからは断られてしまいましたが‥‥」

 という言葉に表れている。

「実は、北川の事務所がまだ結婚させたくない。それを知っているDAIGOが北川の事務所に気を遣っている状況です。だから中華料理店の求めに北川が応じても、一緒に書くのを断ったんですよ。もはやデキ婚しか手はない」(前出・芸能プロ関係者)

 DAIGO流に言えば、DKG(デキちゃった結婚でゴールイン)──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった