芸能

「アンフェア」も爆死か!?篠原涼子をおびやかす、あの低視聴率男の大根演技

20150904shinohara

 06年1月の連続ドラマ放送以降、3回のスペシャルドラマ、2回の映画化を経て人気シリーズとなった「アンフェア」。9月5日には映画「アンフェア the end」が公開。いよいよ迎える完結編に、ファンは早くも盛り上がりを見せている。

「この10年の間に、主演の篠原涼子は『アンフェア』作品などの演技が認められてギャラクシー賞の個人賞を受賞(07年)して女優として着実に人気を上げ、2児の母にもなるなど私生活も順風満帆。男性ファンのみならず女性ファンからも高い支持を得ています。今回の映画も制作側の期待値は高く、鼻息は荒いですよ」(映画会社関係者)

 そんな篠原の人気を追い風に幸先のよい船出といきたいところだが、不安がないわけではない。出演者に、記録的な低視聴率を叩き出した俳優がいるのだ。

「EXILEのAKIRAですよ。主演した7月期のドラマ『HEAT』では、テレ東を除く民放のゴールデン・プライムで今世紀最低視聴率(2.8%)の記録を作っています。すべてが彼のせいではありませんが、演技の大根ぶりは散々叩かれていましたからね。シリーズを見続けてきたファンと思われる人のネットの書き込みには『邪魔だけはしてくれるな』という声も。10年間、積み重ねてきたものを彼がぶち壊してしまわないかが心配です」(テレビ誌記者)

 消防団をテーマにした「HEAT」は打ち切り終了と爆死を遂げた。果たして「アンフェア」は!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」