芸能

「鼻フックしてたのに…」篠原涼子「アンフェア」の“いい女”キャラに違和感!?

20150910shinohara

 9月5日から公開がスタートした人気ドラマの劇場版「アンフェア the end」が、オープニング2日間で動員21万人、興収2億9456万円を記録したことがわかった。「アンフェア」の映画化はこれで3度目となるが前作より興収は下げてしまったという。

「9月に入り『ジュラシック・ワールド』や『ミッションインポッシブル』など夏の大作が落ち着きをみせてきたことで『アンフェア』は、なんとか初週観客動員1位を獲得しましたが、興行収入の方では前作より下回り、『TED2』にも敗北しています。また5日には地上波で『アンフェア』劇場版が放送されましたが、視聴率は1桁台を記録するなど、かつてほどの勢いはないようですね」(映画ライター)

 映画本編では、一糸まとわぬ姿でシャワーシーンに挑戦したり、先日の舞台挨拶では胸元が大きく開いたドレス姿も話題となった主演の篠原涼子。

 現在の彼女は作品のイメージも合わさり、まさに”デキル、イイ女”と世間では認識されているが、そんな彼女に違和感を覚える人も少なくないのだという。

「篠原といえば、かつてはダウンタウンと共にバラエティで活躍し、おバカキャラが売りのタレントでした。九九が言えない、野球という簡単な漢字が書けないという知識の浅さだけでなく、鼻フックをやらされるなど現在のイメージとは真逆な姿を披露していた。しかし、近年の篠原の役柄は“私っていい女でしょ”というのを前面に押し出した役柄ばかりのため、『九九が言えないのにいい女を気取られても‥‥』と、過去のキャラを知る視聴者はその違和感が拭えず、『アンフェア』の世界に入り込むことができないようです」(テレビ誌記者)

 現在は一流女優の仲間入りを果たした篠原。今後も女優のイメージを保つためにも、おバカキャラは封印し続けた方がよさそうだ。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
2
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
3
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
4
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…
5
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚