芸能

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、アイドル再興の00年代~10年代

20150911kindai

 圧倒的な影響力を持つ女性アイドルは〈時代を映す鏡〉である。80年代には松田聖子にあやかった「聖子ちゃんカット」が街にあふれた。90年代には安室奈美恵のファッションを模倣した「アムラー」や、華原朋美に憧れた「カハラー」があちこちに出現した。

 さて21世紀の現在、一時のギャルメイク派が影をひそめ、清楚な黒髪少女がガーリー系の清々しいファッションとともに蘇っている。80年代の後半から90年代にかけての、思わず顔をそむけたくなるような過剰さは、どうやら終焉したようだ。

 こうした背景には、美少女アイドルたちがお手本になっている。新垣結衣や堀北真希の出現は、ともすれば60年代から70年代にタイムスリップしたかのごとく歓迎すべきこと。一時の女性タレントはこぞって茶髪に染まったが、その波も過ぎ去った。

 これに加え、90年代には絶滅しかけた「アイドルの復権」も見逃せない。グループ主体ではあるが、堂々とアイドルをめざす女の子が急増した。AKB48の総選挙におけるドラマチックな感情の爆発は60年代のスポ根のようであり、歴史は常に繰り返すのである。

松浦亜弥

誰もがアーティストという言葉を使い出した頃に、敢然と「アイドル宣言」をしたのがあややである。その奮闘は後輩たちに道を開いた。

堀北真希

「三丁目の夕日」を筆頭に、映画もドラマも立て続けにヒット作に恵まれ、路線を変更することなく、清潔感のある女優でいられた。

新垣結衣

あまりにも鮮烈だった「ポッキー」のCMは、たちまちガッキーをアイドル女優の座に押し上げる。今もCM出演が減らないのはさすが。

長澤まさみ

愛らしい顔立ちも大きな武器だが、やはりプロポーションの良さは極上品。豊かな乳房と脚線美は、スクリーンにこそ良く映えた。

Perfume

テクノポップというシステムを21世紀に蘇らせ、下積みこそあったが、東京ドームを満員にし、世界ツアーも開催するほど成功した。

ももいろクローバーZ

週末だけ活動する「週末ヒロイン」でデビューし、圧巻のライブパフォーマンスや斬新なアイデアの数々で「モノノフ」を大量に輩出。

(石田伸也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
高橋一生主演「僕らは奇跡でできている」の北香那に絶賛の声があがる理由
4
視聴者大パニック!有村架純「中学聖日記」公式サイトが衝撃展開を示唆!?
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…