芸能

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、アイドル再興の00年代~10年代

20150911kindai

 圧倒的な影響力を持つ女性アイドルは〈時代を映す鏡〉である。80年代には松田聖子にあやかった「聖子ちゃんカット」が街にあふれた。90年代には安室奈美恵のファッションを模倣した「アムラー」や、華原朋美に憧れた「カハラー」があちこちに出現した。

 さて21世紀の現在、一時のギャルメイク派が影をひそめ、清楚な黒髪少女がガーリー系の清々しいファッションとともに蘇っている。80年代の後半から90年代にかけての、思わず顔をそむけたくなるような過剰さは、どうやら終焉したようだ。

 こうした背景には、美少女アイドルたちがお手本になっている。新垣結衣や堀北真希の出現は、ともすれば60年代から70年代にタイムスリップしたかのごとく歓迎すべきこと。一時の女性タレントはこぞって茶髪に染まったが、その波も過ぎ去った。

 これに加え、90年代には絶滅しかけた「アイドルの復権」も見逃せない。グループ主体ではあるが、堂々とアイドルをめざす女の子が急増した。AKB48の総選挙におけるドラマチックな感情の爆発は60年代のスポ根のようであり、歴史は常に繰り返すのである。

松浦亜弥

誰もがアーティストという言葉を使い出した頃に、敢然と「アイドル宣言」をしたのがあややである。その奮闘は後輩たちに道を開いた。

堀北真希

「三丁目の夕日」を筆頭に、映画もドラマも立て続けにヒット作に恵まれ、路線を変更することなく、清潔感のある女優でいられた。

新垣結衣

あまりにも鮮烈だった「ポッキー」のCMは、たちまちガッキーをアイドル女優の座に押し上げる。今もCM出演が減らないのはさすが。

長澤まさみ

愛らしい顔立ちも大きな武器だが、やはりプロポーションの良さは極上品。豊かな乳房と脚線美は、スクリーンにこそ良く映えた。

Perfume

テクノポップというシステムを21世紀に蘇らせ、下積みこそあったが、東京ドームを満員にし、世界ツアーも開催するほど成功した。

ももいろクローバーZ

週末だけ活動する「週末ヒロイン」でデビューし、圧巻のライブパフォーマンスや斬新なアイデアの数々で「モノノフ」を大量に輩出。

(石田伸也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
2
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
3
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
4
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
5
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!