芸能

吉瀬美智子 「バストサイズ倍増」でスタッフが困惑する色香

20150924_1001d

「白いブラウスの衣装の胸元部分がパンパンになって、今にも張り裂けそうでした。出産前に比べてボリュームアップして、周囲の男性スタッフが目のやり場に困っていました」(番組関係者)

 バスト「サイズ倍増」でスタッフを困惑させたのは吉瀬美智子(40)。これまでスレンダーボディを売りにしてきた吉瀬だが、13年7月に女児を出産したことで胸が超巨大化。10月から放送される「オトナ女子」(フジテレビ系)の撮影現場では、主演の篠原涼子(42)以上にオトナの色香を放っているという。

「脚や腰のラインは以前よりも細くなった印象を受けます。それだけに、胸の膨らみがよけいに際立つ。本人もそれを意識しているのか、ふだんはダボッとした私服を着ることで“隠蔽”しているようです」(前出・番組関係者)

 変わったのはバストのサイズだけではない。

「ツンツンして近寄りがたいオーラを放っていましたが、ずいぶんソフトになりました。スタッフの冗談におなかを抱えて爆笑することもあれば、『子供なんだから~』とあしらうことも。母性あふれるふるまいは、現場で癒やしになっています」(前出・番組関係者)

 最新ドラマでは主演の篠原が“アゲマン”の独身OLを演じ、吉瀬はその親友役で華を添える。芸能評論家の平田昇二氏が語る。

「ありえないキャスティングです。そもそも吉瀬は、アラフォー世代の女優として篠原や米倉涼子(40)と肩を並べる最高ランク。それが篠原の脇役に甘んじるのはトップ女優の座を降りたことを意味しています」

 かつては深夜までつきあったドラマの打ち上げも、今は一次会で早々に帰ってしまうという。

 10年のクリスマスに入籍した夫は、スポーツ紙が「年商20億円」と報じた実業家。仕事よりも家庭を優先させるのは当然だろう。

「安いギャラでもドラマで名前と顔を売って、CMで大きく稼ぐ営業方針のようです。ママタレとしてはこれからが稼ぎ時でしょう」(前出・平田氏)

 バストと同じくらい財布も膨らみそうである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
4
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”