スポーツ

藤田伸二騎手 “突発引退”を決意させた競馬界への絶望「こんなんじゃ、もうやってられないよ!」

20150924_1001e

 競馬界の番長こと藤田伸二騎手(43)が突然引退を表明。その“引退ショー”が幕を切ったのは札幌競馬最終日の9月6日だった。スポーツ紙記者が話す。

「7R終了後、騎手免許の取消願いを叩きつけるように提出するや、JRAの職員が引退会見やセレモニーについての相談を切り出しても『そんなの知らん』と言い残し、『ちょっと待って』と困惑する職員たちを尻目に駐車場に向かった。実は最終12Rの騎乗依頼を断っているんですが、最終だと記者たちに囲まれやすいから、それを避けるためだったのかもしれません」

 翌日、JRAは、わずか本文2行だけのリリースをマスコミ各社に配信した。

「通算1918勝(GI17勝)ジョッキーの引退リリースとは思えないもので、両者の確執の深さがうかがえました」(前出・スポーツ紙記者)

 藤田騎手は競馬サイト「UMAJIN.net」に次のような手書きの引退メッセージを載せている。

〈競馬会にも迷惑かけました。だから引退する時はサッと居なくなるつもりで決めてました〉

 さらに、一部の騎手に有力馬が集中するエージェント制の弊害を強く訴え、〈リーディングの順番が年頭から決まっているような世界。何が面白いのか?〉と、モチベーションの低下を引退理由にあげている。スポーツ紙デスクが言う。

「13年に上梓した『騎手の一分』の中でもエージェント制について嘆き、JRAに真っ向からかみついている。彼自身も3年ほど前までは敏腕エージェントのお世話になっていたが、その人が亡くなられ、事態が一変。時には意外な騎乗依頼に『あんな馬に乗れるか』『こんなんじゃ、もうやってられないよ!』と、声を荒らげていたこともあった」

 確かにここ数年、目先の1勝のための安易な乗り替わりが増え、かつてのような騎手と馬の名コンビが減りつつある。そこにロマンを感じるファンにとってはさみしいかぎりだ。

「7月の函館開催中に、ジョッキールームで執筆していたという情報があります。暴露本第2弾なら楽しみです」(前出・スポーツ紙デスク)

 常にファン目線で競馬界に辛口な提言を送っていた藤田騎手。今後はファンに向けて“藤田流”の恩返しを期待したい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
坂口杏里、“顔だけなら坂道グループにいそう”自画自賛発言にネット民猛反発