スポーツ

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「サクラゴスペルの末脚が炸裂する」

20151008zz

 いよいよ秋のGIシーズンに突入だ。今週中山で行われる「スプリンターズS」は、香港からリッチタペストリーが参戦予定。一方、迎え撃つ日本勢のスプリント戦線は混迷を極めるだけに、大波乱の可能性も十分ある。

 秋の最初のGI戦、短距離界の王者決定戦である第49回スプリンターズSが、今週のメインだ。

 キンシャサノキセキ、カレンチャン、ロードカナロアが現役を退いたあと、電撃戦はスター不在が続いている。それがためだろう。昨年、新潟で代替されたこのGIは、道悪も影響したが波乱に終わった。

 今年もそんなムードが漂っている。GI高松宮記念が行われたあとの重要な6ハロンのスプリント戦は、ことごとく勝ち馬が入れ替わっている。前哨戦となったセントウルSも10番人気のアクティブミノルが逃げ切って馬単、馬連ともに万馬券となった。

 ということで、一筋縄では収まりそうにないと見られている。外国馬リッチタペストリー(香港)の参戦もあるから、よけいそうだろう。ただ、実際には比較的順当に収まるレースとして知られている。過去のデータをひもといてみよう。

 02年に馬単が導入されてからこれまでの13年間、その馬単で万馬券になったのは4回(馬連は1回)。1番人気は5勝、2着3回。2番人気は1勝、2着6回で、1、2番人気ともに連対を外したのはわずか2回ということからも、人気サイドで決まりやすいGIであることは確かだ。

 しかし今年は、前述したように“絶対視”できるような馬は見当たらないのだ。アクティブミノル、ウキヨノカゼ(キーンランドC)の前哨戦の勝者を含め、ウリウリ、ストレイトガール、ティーハーフ、ハクサンムーン、そしてベルカントといったところが有力候補として人気を分け合うのだろうが、コパノリチャード(高松宮記念)、ミッキーアイル(NHKマイルC)の両GI馬には往時の輝きがない。

 であれば下馬評どおり、波乱含みの一戦と見ていいのではないだろうか。

 休み明けを使われて調子を上げたハクサンムーン、前哨戦で味を占めたアクティブミノルは何としてもハナを奪いたいだろう。これに絡んで前々で勝負したいのがコパノリチャード、ミッキーアイル、そしてベルカントの面々だ。

 ならどう見たってハイペースにならざるをえない。狙いはズバリ、差し、追い込み馬である。穴党としても異存はないが、といってもストレイトガール、ウリウリ、ティーハーフといった人気勢ではない。最も期待を寄せたいのは、サクラゴスペルである。

 安田記念以来、4カ月ぶりの実戦。しかもピークを過ぎたと見られてもしかたない7歳馬。評価、人気のほどはいたって低い。が、断じて軽く見てはいけない。

 暑さにきわめて弱い体質で、それを避けるために前走後はすぐに放牧、休養に入った。涼しい北海道で英気を養ったのがよく、心身ともにリフレッシュされて実にいい感じに仕上がっている。むろんのこと乗り込み量も豊富。重め感はまったくない。1週前の追い切りも長めからハードに追われて併せ馬に先着。力感あふれるものだった。

「ぶっつけで挑むのは予定どおり。年齢的な衰えはなく、とにかく、元気いっぱい。思惑どおりの仕上がりです」

 こう言って状態のよさを強調するのは尾関調教師だが、締まった張りのある馬体を見れば納得がいく。ならば十分勝負になると見ていいのではないか。

 一昨年の高松宮記念で、あのロードカナロアのコンマ3秒差4着があり、力量は確か。そして鉄砲駆けの実績(4勝、2着1回)があることを強調しておこう。陣営としてみれば計算ずくということだ。

 極め付きは中山をめっぽう得意としている点。前走比12キロ減の体重だった際と1600メートルの競馬を除けば〈3 1 0 0〉。サクラゴスペルにとって今回は好走できる条件がそろっており、良馬場なら“一発”があって不思議ない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日