芸能

熟れ頃女子アナたちがフェロモン競艶「内田恭子が放送中のCMで…」

20151015a

 白桃、いちじく‥‥たわわに実った秋の味覚に負けじと、三十路アナたちが競艶中だ。みずから見せつける谷間、ヒップ、三角地帯の数々は、「たまらん」熟れ頃。惜しげもなく挑発する女子アナの桃色フルコースをお気に召すまま召し上がれ!!

 我こそは熟れ頃女王と名乗りを上げたのはフリーアナの内田恭子(39)だ。9月から放送中の化粧品CMが「素晴らしい」とネット上で話題となっている。

 芸能評論家の織田祐二氏の評価も手放しだ。

「内田は09年にもカップヌードルライトのCMで全裸姿を披露したことがあります。今度のCMはさらに大胆すぎて、におい立ってくるエロさがあります。2人の子供を産んでいる人妻とは思えない妖艶さです」

 さっそく、最新作である「ニベア ボディウォッシュ」の芳醇CMをオンエアしてみよう。

 容器と同色の濃紺のキャミソールを着た内田はシャワールームへ入ると、すぐに真っ裸に。全身に泡だけまとったウッチーは、二の腕に手を滑らせると白い泡をこすり取っていく。左腕の次は右腕、さらには胸元にも手を滑らせ泡を拭い取る。泡の下から剥き出したウッチー自慢の白い柔肌が見え隠れするのが何とも艶かしい。

 人妻アナの手は休まず下半身へ。へそ回りからくびれた腰、さらにはすねから膝を経由して太腿へ、みずからの美ボディの上で滑らかに手を滑らせると、

「濃厚保湿」

 と満足そうな笑みを浮かべるのだ。

 とどめは、風呂上がりのソファ。再びキャミソール姿となると、寝転がって膝を抱えて美脚をアピールするポーズを披露。

「うん、しっとり」

 ソファで、クイッと尻を突き出した扇情的なポーズはウッチーが見せてくれた6年ぶりのカムバック即エロス。かつて史上最高のアイドルアナと称された内田に、芸能評論家の佐々木博之氏も高評価だ。

「局アナ時代から白い美肌で有名だった。元局アナで、ここまで肉体美を見せる人はいないはず。このままお風呂路線を継続して、次はバスロマン、さらには『水戸黄門』の入浴シーンにも期待したいところです」

 続いては4年前に結婚、翌年に出産した古瀬絵理(37)だ。子育てが一段落したことでバラエティ番組への出演もちらほら。

 8月1日の「有吉反省会」(日本テレビ系)では、

「本格アナウンサーを目指したためスイカップを封印してきた」

 と、おっぱい推しできなかったことを懺悔してみせた。そのみそぎとして、富山県入善町のジャンボスイカのPR大使に就任すると、HカップからIカップへ増量した谷間を迷わずポロリ。地元民からもピンクの大きな声援が上がった。

 女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏も古瀬のエロカムバックを歓迎する。

「沖縄のパイカップこと、竹中知華と共演するなど開き直ってスイカップで売り出せばまだまだイケます」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?