芸能

「最強」菜々緒VS「王道」紗栄子、今期ドラマ“悪女”対決の軍配は?

20151026nanao

 街中で見つかった時は、「悪女のコだ」と言われるというほど、このところ悪女キャラが板につきすぎている菜々緒。放映中のドラマ「サイレーン」(フジテレビ系)では“史上最強の悪女”橘カラを演じている。

「かつて、沢尻エリカ主演の『ファーストクラス』(フジテレビ系)で発揮した悪女キャラは、男に色目を使ったりといった部分もありましたが、今回の橘カラではそういった要素は少ない。殺人も淡々と遂行し、狂気オーラ放ちまくりの史上最強の悪女です。菜々緒自身も『完全に主役を食うつもりでやっている』と相当気合が入っているようです。初回放送での評判も『美しすぎて怖い』『夢に出てきそう』など、少し狙いすぎの部分はありますが、迫真の演技はお茶の間にはしっかり伝わっています」(テレビ誌記者)

 今回の10月期ドラマの中では、もはや敵なしと思われる菜々緒の悪女ぶりだが、じつはもう一人ヤバい悪女がいる。前出のテレビ誌記者はこう続ける。

「フジテレビ月9ドラマ『5→9 ~私に恋したお坊さん~』に出演する紗栄子も嫌われキャラを演じ切っていますね。趣味は優良企業の名刺集めという、英会話教室の事務員。こちらはガンガン色目を使って男を誘惑。まさに地でできる役柄です。相変わらず棒読みでヘタクソですが、それが無機質でむしろリアルという声もある。主演の石原さとみ演じる潤子の親友という立ち位置でありながらも、彼女の秘密を知った瞬間に告げ口するなど、自分の幸せのためには手段を選ばないという王道悪女です。とくに紗栄子の場合は、大富豪との熱愛報道など度重なる大物食いでプライベートでの嫌われぶりも同時にヒートアップ中ですから、ある視聴者の『見ているだけでイライラする』という声でもわかるように、天性の悪女という意味でこちらに軍配を上げる人も多い」

 紗栄子のほうはドラマが終盤に向かうに連れて、イイ人に方向転換されていくという定番のポジションのようだが、彼女自身の評判が逆転するということはなさそう。

 今期のドラマは、菜々緒と紗栄子の悪女対決に注目が集まりそうだ。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
3
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論