芸能

「最強」菜々緒VS「王道」紗栄子、今期ドラマ“悪女”対決の軍配は?

20151026nanao

 街中で見つかった時は、「悪女のコだ」と言われるというほど、このところ悪女キャラが板につきすぎている菜々緒。放映中のドラマ「サイレーン」(フジテレビ系)では“史上最強の悪女”橘カラを演じている。

「かつて、沢尻エリカ主演の『ファーストクラス』(フジテレビ系)で発揮した悪女キャラは、男に色目を使ったりといった部分もありましたが、今回の橘カラではそういった要素は少ない。殺人も淡々と遂行し、狂気オーラ放ちまくりの史上最強の悪女です。菜々緒自身も『完全に主役を食うつもりでやっている』と相当気合が入っているようです。初回放送での評判も『美しすぎて怖い』『夢に出てきそう』など、少し狙いすぎの部分はありますが、迫真の演技はお茶の間にはしっかり伝わっています」(テレビ誌記者)

 今回の10月期ドラマの中では、もはや敵なしと思われる菜々緒の悪女ぶりだが、じつはもう一人ヤバい悪女がいる。前出のテレビ誌記者はこう続ける。

「フジテレビ月9ドラマ『5→9 ~私に恋したお坊さん~』に出演する紗栄子も嫌われキャラを演じ切っていますね。趣味は優良企業の名刺集めという、英会話教室の事務員。こちらはガンガン色目を使って男を誘惑。まさに地でできる役柄です。相変わらず棒読みでヘタクソですが、それが無機質でむしろリアルという声もある。主演の石原さとみ演じる潤子の親友という立ち位置でありながらも、彼女の秘密を知った瞬間に告げ口するなど、自分の幸せのためには手段を選ばないという王道悪女です。とくに紗栄子の場合は、大富豪との熱愛報道など度重なる大物食いでプライベートでの嫌われぶりも同時にヒートアップ中ですから、ある視聴者の『見ているだけでイライラする』という声でもわかるように、天性の悪女という意味でこちらに軍配を上げる人も多い」

 紗栄子のほうはドラマが終盤に向かうに連れて、イイ人に方向転換されていくという定番のポジションのようだが、彼女自身の評判が逆転するということはなさそう。

 今期のドラマは、菜々緒と紗栄子の悪女対決に注目が集まりそうだ。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道