芸能

ホラードラマか!篠原涼子「オトナ女子」の主題歌が怖すぎて視聴者から大不評

20151026shinohara

 10月から放送が開始された篠原涼子主演のテレビドラマ「オトナ女子」(フジテレビ系)が、初回から視聴率1桁を記録し、厳しい状況に立たされている。これに対し、フジテレビの社長である亀山千広は定例会見にて、「涼子ちゃんがあまりにも美しすぎるので」と、不調の理由を語ったという。

「社長のこの発言に対し、ネットでは『言い訳が酷すぎる!』と失笑を買っています。『オトナ女子』は、過去の人気ドラマの二番煎じで新鮮味のない内容などが、視聴者から避けられていますが、そのことに関する言及はなかったようです。また篠原ですが、過去に主演した『ハケンの品格』(日本テレビ系)は初回18.2%を記録していたものの、その後は『ラストシンデレラ』(フジテレビ系)初回13.3%、『オトナ女子』初回9.9%と、作品を重ねるごとに数字が下がってきており、このままでは“視聴率女王”のイメージが消えさるかもしれません」(テレビ誌記者)

 そんな「オトナ女子」は内容が古臭いとの批判の声が高まる一方で、主題歌に関しても厳しい意見が続出しているという。

「ドラマの主題歌は玉置浩二が作詞作曲し、中島美嘉が歌っています。しかしこの曲、毎回『オトナ女子』のクライマックスで流れるのですが、中島の独特の歌い方と、玉置の作った暗い曲調が大不評なのです。ドラマで曲が流れると視聴者からは『なぜこの曲!? ホラードラマか!』『歌が怖くて話に集中できない』『主題歌が合ってなさすぎる』という声が相次いでいます。やはり恋愛ドラマなので、視聴者的にはシリアスな曲よりも、もう少しアップテンポで明るい曲を望んでいるのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

「ハケンの品格」「ラストシンデレラ」では徐々に視聴率を上げていった篠原。だが内容だけでなく主題歌にまで厳しい声が飛び交う「オトナ女子」は、今後、巻き返しできるだろうか。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ