芸能

向井理、ドラマ高視聴率の理由は共演者に埋没しているから?

20151118mukai

 向井理が主演を務めるドラマ「遺産争族」(テレビ朝日系)が好調だ。初回放送で14.2%を記録し、第2話以降も10%台を維持。前クールの「エイジハラスメント」が1回も10%に届かなかったのとは対照的に、大健闘を見せている。

 その向井といえば「低視聴率男」「大根役者」の異名を取り、数字を持っていないと評判だったのだが、ついに汚名返上に至ったのだろうか。テレビ誌のライターが解説する。

「本ドラマの見どころは主人公の向井ではなく、実力派揃いの共演女優陣です。ヒロインの榮倉奈々はもちろん、他の女優たちも素晴らしい演技でドロドロとした相続騒動を描き出しており、ドラマとしての出来がいいんですよ」

 榮倉は華麗なウェディングドレスを披露し、その姿は「俺と結婚してくれ!」や「こんな可愛いお嫁さん、憧れる!」などと、男女を問わず絶賛の的に。その家族として登場するのが、榮倉の母親役を務める余貴美子、そして叔母役の板谷由夏と室井滋だ。前出のテレビ誌ライターが続ける。

「この余、板谷、室井の三姉妹は、ドロドロの遺産相続騒ぎを演じるのにまさにうってつけ。しかも板谷は独身のカメラマン、室井は夫に先立たれた未亡人というドンピシャリの役で、視聴者もこの三姉妹の人間模様にハラハラドキドキでしょう」

 その三姉妹に対し、主人公を女手一人で育てた母親役の岸本加世子の演技もまた、見どころの一つ。息子の妻である榮倉に向かって「あんたなんて脚長いだけ!」と言い放つシーンでは、本当にそう思っているのではと裏読みしたくなるほど、迫真の演技を見せている。

 そんな女優陣に対して、主演・向井の演技はどうだろうか。テレビ誌のライターはこんな評価を教えてくれた。

「正直なところ彼はさほど演技が達者とは言えないのですが、周りの女優陣があまりにも上手いおかげで、向井の演技まで良く見えている気がします。少なくてもドラマを壊す演技になっていないぶん、及第点かもしれませんね」

 そんな向井は演技にこだわるタイプで、撮影現場でも自分が納得いくまで議論を重ねることも。そんな態度が疎まれているという話もあるが、本作では妙齢女優陣に圧倒されて、そのこだわりも発揮できていない可能性もある。向井が埋没しているほどドラマの出来が良くなるなら、それはそれでありなのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス