芸能

向井理、ドラマ高視聴率の理由は共演者に埋没しているから?

20151118mukai

 向井理が主演を務めるドラマ「遺産争族」(テレビ朝日系)が好調だ。初回放送で14.2%を記録し、第2話以降も10%台を維持。前クールの「エイジハラスメント」が1回も10%に届かなかったのとは対照的に、大健闘を見せている。

 その向井といえば「低視聴率男」「大根役者」の異名を取り、数字を持っていないと評判だったのだが、ついに汚名返上に至ったのだろうか。テレビ誌のライターが解説する。

「本ドラマの見どころは主人公の向井ではなく、実力派揃いの共演女優陣です。ヒロインの榮倉奈々はもちろん、他の女優たちも素晴らしい演技でドロドロとした相続騒動を描き出しており、ドラマとしての出来がいいんですよ」

 榮倉は華麗なウェディングドレスを披露し、その姿は「俺と結婚してくれ!」や「こんな可愛いお嫁さん、憧れる!」などと、男女を問わず絶賛の的に。その家族として登場するのが、榮倉の母親役を務める余貴美子、そして叔母役の板谷由夏と室井滋だ。前出のテレビ誌ライターが続ける。

「この余、板谷、室井の三姉妹は、ドロドロの遺産相続騒ぎを演じるのにまさにうってつけ。しかも板谷は独身のカメラマン、室井は夫に先立たれた未亡人というドンピシャリの役で、視聴者もこの三姉妹の人間模様にハラハラドキドキでしょう」

 その三姉妹に対し、主人公を女手一人で育てた母親役の岸本加世子の演技もまた、見どころの一つ。息子の妻である榮倉に向かって「あんたなんて脚長いだけ!」と言い放つシーンでは、本当にそう思っているのではと裏読みしたくなるほど、迫真の演技を見せている。

 そんな女優陣に対して、主演・向井の演技はどうだろうか。テレビ誌のライターはこんな評価を教えてくれた。

「正直なところ彼はさほど演技が達者とは言えないのですが、周りの女優陣があまりにも上手いおかげで、向井の演技まで良く見えている気がします。少なくてもドラマを壊す演技になっていないぶん、及第点かもしれませんね」

 そんな向井は演技にこだわるタイプで、撮影現場でも自分が納得いくまで議論を重ねることも。そんな態度が疎まれているという話もあるが、本作では妙齢女優陣に圧倒されて、そのこだわりも発揮できていない可能性もある。向井が埋没しているほどドラマの出来が良くなるなら、それはそれでありなのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!