芸能

「あのジャニーズよりどう見ても上!」岡田将生ファンが失笑したシーンとは?

20151121okada

 文句なしの二枚目俳優でありながら、ドラマ「掟上今日子の備忘録」(日本テレビ系)では災難に見舞われるアンラッキーボーイかつ、いまいちパッとしない男性・隠館厄介という役どころを演じている岡田将生。しかし、その配役を重々承知している岡田ファンでも「納得がいかない」と憤慨したシチュエーションが14日放送の第6話で流れ、総ツッコミをくらっている。

 そのワンシーンとは、新垣結衣演じる掟上今日子に頼まれ彼女の着替えの服を購入し、それを届ける途中に吉田沙保里演じる巡回中の警察官に肌着泥棒と間違われ、逮捕されそうになってしまう厄介。このままでは本当に逮捕されてしまうというタイミングで、Hey! Say! JUMPの有岡大貴演じる探偵事務所の助手・也川塗が色仕掛けを使って、警察官を説得。みごと肌着泥棒疑惑を解いて事なきを得るのだが、岡田ファンからは「どう見ても有岡より岡田クンのほうがカッコいい」「吉田沙保里、見る目なさすぎ(笑)」「いやいや、この設定には100%無理があるでしょ」など、失笑されてしまったようだ。

 逆に有岡ファンであれば腹立だしいコメントの数々だが、ジャニーズでありながら有岡がそう見られるのには、そのキャラに理由がある。

「ファンならご存知のことでしょうが、有岡はグループ内では完全にイジられキャラのポジション。特にジャニーズの先輩グループからのイジられ方はハンパじゃない。嵐の松本潤は有岡に対して、お前はHey! Say! JUMPのメンバーじゃないというようなイジりをするくらいです。熱烈ファンはそれも踏まえてもカッコいいと好感を抱いてはいますが、ライトなファンたちの間ではHey! Say! JUMPのメンバーの中でも“一番カッコよくない人”だというイメージが定着している」(女性誌記者)

 無論、ドラマなので本気で怒っているファンはいないというが、視聴率では二桁をギリギリキープが続いている状態。根強い視聴者にすら違和感を与える演出をしている場合ではないと思うのだが‥‥。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」